なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「煮干し中華  950円」@末廣ラーメン本舗 秋田駅前店の写真末廣の煮干は山形店で一度食べたがイマイチ。
本場秋田なら旨いだろうかと思いオーダーした。

煮干ダシの出方は結構好みのタイプ。
丼の底の方には、粗挽きの煮干の粉が沈んでいる。
醤油ダレは弱めで、スープ本体の味が楽しめるのもいい。
煮干、動物系、化調の三位一体感は、
東池袋大勝軒のラーメンに通じるものがある。
そんな感じの懐かしさを覚える味わいだ。

麺は、中華そばと同じ中細麺で、
シャキッとした食感が楽しめるタイプ。
中華そばと同じく薄切り肉が多めに入るのも嬉しい。
ネギは卓上のものを追加で投入して楽しむ。
全体的に良かったけど、950円はないわ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「濃醇煮干らぅめん 大盛  800円」@ラゥメン大地の写真以前に上質な貝出汁ラーメンをいただいたので、
今回は煮干系を試してみた。濃醇は50円増し。
油が多めに浮いているのが違いだと思われる。

煮干の硬めの香りと旨味に加え、
動物系と思われる油のコクと柔らかさを感じられる。
煮干度は高すぎることもなく丁度よいくらい。
スープのレベルの高さは、貝出汁にも劣らない。
縮れの強い太麺は、短めでモサッとした感じ。
プリプリ感もあるものの、どうも爽快感に欠ける。
薄めに切った豚チャーシューは柔らかくて旨い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば(並)」@末廣ラーメン本舗 秋田山王本店の写真秋田経由で青森の相方の実家に行く帰省兼旅行の初日に本店訪問してみたく寄り道
青森の支店もありますがせっかくなら本店w
一部では秋田ブラックとか言われてるんですかね?

空港から迷わず直行て10:30着
9:30から開いてるのは嬉しいですね〜
先客なし、後客4名

中華そばをポチって着席

ちょうど後客が入ってきたため一緒に調理開始
着丼と同時に大量のネギが入ったボウルも登場!
スープは徳島ラーメンほどではないですが甘く濃いめ
自分好み!
中太の麺は思ったより硬めの茹で加減でよく噛みながらスープがすすむ

肉は薄めですが噛むと味もあり数も入っているので満足できます

最後にたっぷり投入したネギを食べつつ丼空っぽw

駐車場はありませんが周りにコインパーキングいっぱいあるので問題ないですね

帰りに空港でお土産ラーメン見つけて買いましたw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「ラーメン」@伊原純平の写真かなり前から気になっていたのですが たまたま今日近くを通ったので開店と同時に訪問しました! 年輩のオヤジさんが1人でやっている様で 耳がとおいらしいですが... シンプルな昔ながらのラーメンでチャーシューも厚みがあり美味かったです また食べに行きたいので 身体壊さないように^_^ 埼玉県より訪問しました!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製塩煮干中華そば」@麺屋 にぼすけの写真東北4

前日は昼過ぎからの遠征だったので3杯止まり。
この日を有効に活用するため,朝ラーを画策。
秋田市を後にし,大仙市まで一般道で移動。
狙うは,秋田県ランキング暫定7位のこちら。

花火で有名な大曲駅の近く。
斜向かいにあるコイパに車を止め,店へ。
多店舗展開してる割には個人店的雰囲気で,資本っぽさはないのはいい。
券売機を眺めると,煮干しの汁そばだと思われる,「醤油」,「塩」,「魚炎」の他,「油そば」,「にぼじろう」などメニューは豊富。
油そばや二郎系にも心が動いたが,先が長いのでニボ塩を選択。
デフォは600円と安く,特製でも800円なので,特製のボタンをプッシュ。
男性店長1人での営業。
カウンター7席のみの店で,朝のピークは過ぎたのか,店内は2~3人の入りだった。
券を渡してから7~8分で提供されたのは,バランスよく具が配置された,整ったビジュアルのニボ塩。

麺は低加水平打ちの中細縮れ。
茹で具合はジャストで,小麦の味わい豊かな美味しい麺だ。
スープはスッキリした煮干しの味わいで,旨味を上手く抽出し,ニガエグはほとんどない万人受けするもの。
煮干粉も使っているようだが程よい感じで嫌みがない。
美味しい。
具は,ねぎ,水菜,海苔,メンマ,半味玉,チャーシュー。
とにかく,この価格で半玉まで載ったプチ特製的具は嬉しい。
チャーシューはあまり大きくはないが,炙りが入ったバラが3枚だ。
麺量は150gほどだろう。

店名から,過剰な激ニボを期待すると肩透かしかもしれないがすんなり美味しくいただける美味しいニボ塩。
朝7:00から翌2:00までと,長時間営業なのにこのレベルで出せるのはすごいことだと思う。
駐車場はないが,斜向かいのコイパの無料券をくれるので,駅近にも関わらず,駐車場代は無料に等しいなど,ユーザーにとって実に有難い配慮も嬉しい。
近ければ,「にぼじろう」にも挑戦してみたかった。




蛇足;
ネットカフェは,岐阜で会員になったの店と何と同系列だったので,入会費はなし。
8時間パックで1600円,シャワー代は320円と,駐車場代300円を入れても2220円で泊まれた。
しかし,またもや隣を外し,大きな声での独り言を店の方に注意されていたオヤジ。
いびきもすごいし。
その環境でも問題なく寝られる自分だが……(笑)

蛇足2;
レポ上げたら秋田県6位に浮上した。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「末廣塩バター(並)+ヤキメシ1/2+生ビール」@末廣ラーメン本舗 秋田駅前店の写真東北3

福島→山形といただいた後はさらに北へ。
国道13号は,料金がかからなくても信号なし,速度制限は70㎞の準高速道路のよう。
夜だったのもあり快適に走れる。
横手ICからは有料の秋田道に入り,秋田駅へ向かう。
秋田駅近くのコイパに車をピットイン。
何と夜間は上限300円と,駅近にもかかわらず激安だ。

まずは,飲み屋街にある食べログ秋田1位の店に行ってみる。
基本BARで,夜営業のみなのだが,金土はラーメンを提供するというレアな店。
酔客を避けながら,ラーメン屋とは到底思えない店のドアを押してみるが,アウェー感アリアリで「只今満席です。」とのつれない言葉。
「また来ます。」と告げ,すごすごと退散する。
ならばと,駅前にある秋田県1位のこちらへ。
店の前には7~8人の外待ち。
皆さん機嫌よく酔っぱらっていて,飲み〆はここに限るという感じ。
この店は多店舗展開しているがこちらが本店格。
看板横のスピーカーからは,「末廣ラーメン本舗の歌」なる歌が流れている。
待つうちに覚えてしまいそう。
聞いてみたい方はこちらをクリック(笑)
http://www.fukumaru.info/suehiro/img/top/suehiro_song.mp3
15分ほどで入店。
メニューは,新福菜館系の秋田ブラック,「中華そば」が基本だが,塩や,「あさり醤油」なるメニューもある。
自称塩派だし,東京の新福菜館で醤油をいただいているので,「塩バター」のボタンをプッシュ。
このまま泊まりなので,ヤキメシと生のボタンもプッシュした。
870円+350円+600円,計1820円也。
若者3人での営業で,ちょっとふてぶてしい感じ。
ほとんどが酔客だから,まあ仕方ないかな。
券を渡すと,間もなく生ビールが提供される。
ジョッキには「末廣ラーメン」のロゴ。
どこのメーカーか分からないが,あまり美味しくない。
ふーん,600円ね。
追って提供されたのは,ねぎと薄切り豚,中央に角切りバターが載った塩と,いかにも新福菜館系らしい醤油色のヤキメシ。

麺は,中加水の細ストレート。
かなり普通の感じだが,唄にもあるように,「昭和生まれの駅前中華」なのだからそこがいいのだ。
スープは穏やかな出汁感の魚介レスっぽい塩。
意外にも塩分は弱めで,思ったほどインパクトはない。
バターのコクで食わす感じで,これはこれでまたいい。
インパクトを求めるなら醤油のほうかな。
具は,ねぎ,チャーシュー,メンマはなかったかな。
薄切りのチャーシュー……と言うか肉は,塩茹ででもしたのかと言う味わいだが,けっこうやわらかく量もある。
バターまみれにすると美味しい。
多めのねぎがビシッと締める感じだ。
確かに気取らない感じの屋台ラーメンだわ。
麺量は140gほどだろう。
ヤキメシの味わいは新福菜館そのもの。
醤油を焦がした香ばしさになって溢れる逸品。
これがないと満足度は半分だね。
1/2と言っても結構量があるので腹パン満足。

確かに懐かしさを感じる塩バター&新福菜館系らしい醤油の香りに溢れるヤキメシ。
駅前の一等地なのもあり,懐かしの屋台ラーメンにしてはお高めなので,採点はこの辺で。
何より,念願の秋田染め達成である。



蛇足;
この後は,BARに再挑戦する気力はなく,ネットカフェで寝る。
秋田駅,ちょっと変わったけど懐かしい。
15年ほど前に竿燈祭りを見に来たんだよね。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「新正油 730円」@佐藤中華そば楼 by ねぎぼうずの写真なかなか行くことができないので、みその丼を下げた後に、新正油の食券も購入してしまいました。
動物系の主体の清湯にレモン、ピーナッツ、ゴマ、生姜の風味。自家製の極細ストレート麺がよく合います。
トッピングは、小さく切られたバラチャーシュー、色の薄いメンマ、小さな海苔、ネギです。
タレがが強すぎず、余計な甘味もなく、好みのバランスです。新塩も食べたいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「みそ780円+辛みそ60円」@佐藤中華そば楼 by ねぎぼうずの写真最近、みそが二ツ井時代のみそに復刻リニューアルしたので、久しぶりに伺いました。
みそには、トッピングの辛みそがよく合います。
出汁がメインで、味噌ダレが少なめなのは、リニューアル前と同じですが、より旨味が増したような気がします。別皿の辛みそは、少しずつ溶かして食べるのが好みです。
トッピングは、小さく切られたバラチャーシュー、色の薄いメンマ、小さな海苔、ネギです。
麺は自家製の極細ストレートでパッツンとした独特の食感で、スープによく合いますね。量は少なめなので、連食することもできます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「中華そば 並  680円」@名代三角そばやの写真十文字ラーメンの有名店をようやく初訪問。
品揃えは温かいものだけで、価格は他より高めの設定だ。

油はチャーシューからにじむ程度のあっさりスープ。
一口飲んで驚いた。ちゃんとラーメンらしい味がする。
うどんやそばのダシに近いというイメージが覆った。
イワシ焼き干しなどを使った魚介スープだが、
チャーシューの煮汁などの醤油ダレに秘密がありそうだ。
そのチャーシューは肉の味が強くて旨いし、
スープを吸った麩がたまらなく旨い。

麺は細かく縮れた中細麺で、少し色合いが暗い。
以前お話しした秋田県内の某有名店主人の、
「あそこは無かん水だからうどんだ」という言葉がよぎる。
一口啜って驚いた。ちゃんとラーメンらしい食感だ。
口当たりはマットな質感だが、プルプルでコシがある。
まとめて咀嚼するとサクサクした食感で楽しい。
岩手県にある宮古市の「たらふく」や、
花巻市の「さかえや」の麺と共通点がある。
思った以上に楽しめた。さすが名店という貫禄だ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「冷っこい中華  550円」@マルタマの写真レシートには「ひゃっこい中華」と記されている。
メニューにある「冷し中華そば」は、
酢を使ったいわゆる冷し中華なので注意を。

冷たいスープは、最初の一口は水っぽく感じる。
しかし食べ進めると、焼き干しなどの旨味が積み上がる。
口腔から鼻腔にかけてが芳香に包まれる。
油は一切含まれていないのに、満足感は十分だ。

強く縮れた細麺は、水で締められコシが強い。
素朴な口当たりで粉の香りを感じられる。
温かい中華そばよりも麺の良さが引き立つな。
豚チャーシューは赤身の旨味が強く、
スープをたっぷり吸った麩が最高だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件