なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ピップ

男性 - 茨城県 (1941年生まれ)

最近、ラーメンに目覚めました。昔、SNSで面白日記を書いていた影響が最近、色濃く出てきました。少し、クスッと笑えるレビュー...そんなレビューがあってもいいのではないでしょうか?ちなみに髪の毛はフッサフサです。宜しくお願い致します。

平均点 82.957点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,359 1,154 0 31,585
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油 八 730円」@麺店 やす八の写真麺量はもう少し欲しいが、和風な旨味が有り、割スープや味変も印象的な汁無しだった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12537284372.html

10月中旬の週末、お昼に訪問。
先客2名、後客6名。

最近、仕事が忙しくてトレーニングもしたくて、
ラーメンが御無沙汰。
週末も学校の奉仕作業だったのだが、
雨で中止に!(*´▽`)v
という訳で、新店へダッシュ ε=(ノ゚д゚)ノ
見覚えのある住所だと思ったら、龍介の有った場所だ。
目をつぶっても行けると思ったけど、
目を閉じては運転は出来なかった..ナンジャソレw

ガラガラ~と入ると、女性店員さんに食券購入を促されます。
何も考えず、券売機左上のボタンをポチリ。
カウンター席に座ると、セルフと言いながらお冷やが到着。
前店とは違い、カウンター席が増設されております。
店内は男性店主さん、女性店員さんの体制。
券売機の隣にあったセルフの割スープをチビリチビリ。
おっ!この割スープ、ウマ!
昆布、野菜、鶏と妄想する出汁が濃いです!
いくらでも飲めるw。

少しして、「よく滅茶苦茶にしてお食べ下さい」
と幻聴とともに、着ラー。
あれ、汁がないよ...
ここで初めて、汁無し専門店であることを認識しますた。

それでは麺から。
麺は多加水の平打ち太縮れ麺。
熟成感もある美味しい麺です。
龍介繋がりで、製麺もそちらではないかと妄想したりして。
麺量は体感200g程度。
汁無ししては少な目です。

それに絡むタレは醤油の塩気に昆布の旨味らに
ラードと妄想する油の力強さも。
和を感じる旨味が効いていて美味しいです。

アレをナニする前に具材の確認。
具はカットチャーシュー、メンマ、
ホウレン草、海苔、ネギ、ワカメ、
白ごま、ナルトです。

「お前なんか滅茶苦茶にしてやる~!」
味にまとまりが出て、美味しいです。
具材の存在感はそれほどでもないですが、
海苔、ワカメ、ネギなど和風なまぜそばに良く合います。
チャーシューは最後に汁有り化したら、
熱で更に美味しくなりました。

卓上には豊富な味変アイテムが有り。
昆布酢は、昆布の旨味が加わった酸味がよく合います。
ブラックペッパーは正反対な洋風な刺激が面白い。
ラー油はゴマのコクが際立ちます。
ガーリックパウダーはガツンと来るけど、ニンニクは好きです。
山椒は痺れが癖になるかも。
最後は割スープを投入して、汁有り風に。
汁有りとして作られてない不自然さはあるけど、
出汁が濃いので旨い!

あっという間に完食。
汁無しにしては麺量の少なさが気になりますが、
和風の旨味が効いた美味しいまぜそばでした。
出汁の濃い割スープや豊富な味変アイテムも
ツボを心得ているかと。
採点は新店+1、初レポ+1。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン  750円」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真やはり、二郎はコスパが良かった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12532764815.html

10月上旬の夜に訪問。
中先待ち客7名、帰りの待ち客10名。

久し振りに二郎を喰らいたい気分。ブヒッ💨
入って右手に券売機が有り。
左上の小ラーメンをポチリ。
後の待ち席で待ちます。

途中、プラチケ掲示のお願いが有り。
空いた一席にどうぞとご案内。
セルフのお冷やとレンゲを持って席へ。

店内は男性店主さん、男女店員さん2名の体制。
穏やかな接客が印象的です。

少し待って、何となくコール要請があったので、
「ニンニク、アブラ」と発言。
そして、カウンター越しに着ラー。

それではスープから。
液状油のコクに旨味が強めな醤油の塩気、
非乳化ながらも豚の旨味も確りと感じられます。
非乳化ながらも美味しい豚スープです。
塩気も少し強いくらいで丁度良し。

次に麺を。
麺は低加水の平打ち太ストレート麺。
表面積の大きさで適度にスープを拾い、デロモチな食感。
ボイルは過多です。
オーション粉のコシは感じられず、
最初は面食らったけど、ほぼ噛まずに
飲み込むことも出来そうな食べやすさ。
小ラーメンの麺量は320gとか。
通常の倍以上の量を喰らうにはアリですね。

具はチャーシュー、ニンニク、ヤサイ、アブラです。
チャーシューはゴロッと大きいのが2ブロック。
強めな塩気にパサつきがなく、柔らかな肉々さ。
チャーシューの大きさや美味しさも、流石直系です。
ニンニクは程好い刻み具合と量でヒリッと。
ヤサイはキャベツ3:モヤシ7程度。
シャキシャキで食感良好。
前回はクタクタだったけど、こちらの方が好みです。
アブラは肉片も見られ、さほど上質さは
感じなかったでしょうか。

一時的にお腹一杯になりましたが、まだ残っています。
このピークを経て、少しすれば
また食べ進めれるのですが、待ち客は多し。
席を早く空けた方がお店や待ち客的にも良いかと思い、終了。
流石、直系のコスパは素晴らしいです。
採点は残してゴメン+1。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「比内地鶏そば小(焼豚4枚)750円」@自家製麺 伊藤の写真余計に煮干しそばが食べたくなる一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12531865658.html

9月下旬のお昼に訪問。
先客2名、後客1名。

6年振りにこちらへ。
時間がないので、沿線の駅近くで済ませよう。
自家製麺 ほうきぼし 赤羽駅前店」の坦々まぜそばを激辛にして
追い飯も決めようと思ったら、お休み。

おぼろ気な記憶を基に路地奥から店内へ。
券売機に本未食なメニューを発見したのでポチリ。
カウンター席の後は狭くて通れず。
外に出て店内に入り、カウンター席に着席。
セルフお冷やは券売機の方にあったので、
また外に出て店内に入り、
お冷やを持って外に出て、再び店内へ。フ~

店内は若い息子店主さんと男性店員さんの体制。
少しして、カウンター越しに着ラー。
それではスープから。
うっすらと油脂分のコクに適度な塩気、
煮干しが少し香ったような気がしつつ、鶏清湯が感じられます。
比内地鶏の煌めく滋味はあまり感じられず。
雑味がなく、無化調なのは分かりますが。
固定概念なのか、少し煮干しが
香ったような気がするから不思議。

次に麺を。
麺は低加水の中細ストレート麺。
それなりにスープをに拾い、
強めな張りにパツパツな食感。
スープに比してスープの自己主張が強めですが、
麺自体が美味しいです。
美味しい煮干しには良く見掛けられた麺です。
この麺には合っているような合っていないような...
麺量は体感150g程度。

具はチャーシュー、ネギです。
チャーシューが4枚で+150円はお得。
と思ったけど、大きさはそれなり。
焼豚と記載だが、シットリとして煮豚感が強いです。
味わいに驚きは無し。
卓上のブラックペッパーと一味唐辛子を
掛けたら、刺激は強めです。

あっという間に完食。
やっぱり、煮干しにすれば良かったかな...
と感じてしまった一杯でした。
ご馳走様です。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「【3周年記念限定】地鶏のこもんそば~奥久慈軍鶏スープ~千円」@麺ゃこもんの写真派手さはないお店ですが、確実に美味しい一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12530768743.html

9月下旬の週末、お昼に訪問。
先客9名、後客7名。

既に終了したメニューなので、ご了承下さい。
3周年を迎えたこちらへ。

実は前回、フラれております。
表示のある「地鶏のこもんそば」は
どの食券を買ったら良いかを訪ねたら...

「それは来週です。」

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


券売機でこちらとネギトロ丼300円もポチリ。
お冷やの用意された席へご案内。

少しして、着ラー&着丼。
それではスープから。
軍鶏油の芳醇なコクに適度な塩気、
軍鶏の滋味ある旨味が伸びていきます。
あ~、美味しい♪
スープ材料は贅沢に使ってそう。
スープ量も十分です。

次に麺を。
麺は加水中適度の中細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
しなやかに引き込まれ、心地良い張りとコシ。
麺の味わいも良好です。
こちらの麺は美味しいです。
麺量は体感150g程度。

具はチャーシュー2種、味玉、
姫筍、白ネギ、九条ネギです。
チャーシューは程好い塩気に外側の
ブラックペッパーがピリッとして、
熟成された肉の旨味が十分です。
味玉は黄身が半ゼリーで味付けも上等。
姫筍はコリコリッと食感良好。
ネギは麺に巻いたりして、パクリ。

ネギトロ丼も美味しいです。
ただ、ご飯の量に比して、
ネギトロはもう少し欲しいかも。

あっという間に完食。
昨年も提供されていた周年記念メニューだったかと。
派手さはないお店ですが、
確実に美味しいお店の一つだと思います。
採点は周年記念+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 5件

「【限定】豚スタミナ冷やし(中)950円」@麺屋 天海の写真優しいタップリの甘辛餡と素揚げしたタップリの豚肉が美味しくて、最後まで飽きない一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12529430921.html

9月下旬の週末、夜に訪問。
先客2名、後客3名。

人気と思われる長期提供中の
限定メニュー狙いでこちらへ。
ひたちなか市の「中華 大進」インスパイアかと。
ドアを開けると説明書きが有り。

豚スタミナ冷やし
※あつ盛り、汁ありもできます。
並 150g 800円
中 225g 950円
大 330g 1100円
※麺量増えるごとに肉量も増えます。

150gは少ないけど、中盛りは+150円かぁ...
でも、肉量も増えるならいいか。
と券売機最下段のボタンをポチリ。

いつもの女性店員さんに食券を渡します。
両足に酷い火傷を負った店主さんは、
回復されたようで何より。

少しして、着ラー。
大きな丼にテンションアップです。
それでは麺から。
麺は極太ストレート麺。
餡がドロリと絡み、
強めな張りにザクッと歯切れも良し。

この日は天海極太麺は、
少し小麦粉の配合変えたバージョンでの提供とか。
ツルッとしていて、加水が少し
上がってるような気がします。
デフォの麺より、汁なしとの
相性が良さそうな麺です。

菅野製麺なので、味わいも良好。
食べ応えのある麺で、具材も多いので
中盛り225gでお腹一杯です。
大300gにしたら、遭難してたと思いますw。


それに絡む餡は片栗粉のトロミが強めで、
優しい甘ショッパとコクが有ります。

普通のスタミナ冷やしほどの強い甘ショッパではなく。
更に熱々の餡とキンキンに冷えた麺との
温度変化の妙は感じられず。

でも、優しめな餡とお肉もタップリなので、
飽きずに最後まで食べられます。
直接的に拾ってないけど、
ワカメの風味を感じて和風な装いも。

具は焼き肉、ワカメ、コーン、ヤサイ、ネギです。
焼いてない焼き肉は、
片栗粉を付けて素揚げしたのを餡に絡めたのかと。

衣がネットリとして、お肉が柔らか~い。
麺と絡めれば、満足度がアップします!
コーン、ワカメ、ネギの下にも潜み、
ボリュームが有ります。

餡の下にはモヤシ、キャベツが多目。
タップリの餡に絡めてボリバリと美味しいです。
これは本家にはないこちららしさかと。

ワカメは和風になります。
コーンにはホッコリ。
ワカメとコーンの必要性は人それぞれかも。

卓上の酢や一味唐辛子で味変を。
特に一味は掛けまくりますw。


あっという間に完食。
本家の焼き肉冷やしは、
今でも690円なのでしょうか。
値段据え置きで内容を削るのと
満足度優先有での値段設定だと
単純に比較はできません。
こちらは美味しいお肉は多かったのです。
ひたちなか市まで行き、
コイパに止めるならこちらに行く派かも。
でも、久し振りに本家も食べてみたくなりましたが...
既にファンも多いようですので、
デフォルトメニューになったりはしないのでしょうか。
ご馳走様です。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 31件

「蛤そば(醤油)880円他」@麺屋壱心の写真黒トリュフソースが贅沢な一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12529170933.html

9月下旬の昼に訪問。
先待ち客6名、後客0名。

約3年振りにこちらへ。
昼営業はもうすぐ終了の時間ですが、
待ち客が居て人気です。

入って左手に券売機が有り。
以前から食べたかったけど、
未食のこちらをポチッとな。
腹ペコだったので、チャーシュー丼もポチリ。
外で待っていると食券を取りに来られたので、
醤油でお願い。

回転は早く、直ぐに店内及びカウンター席へご案内。
店内は男性店主さん、男女店員さん2名の体制。

そして、着ラー。
それではスープから。
力強さのある香味油のコクに醤油タレの塩気、
蛤の潮感があまり感じられないけど、
旨味が濃いです。

動物系は鶏清湯が下支えと妄想でき、厚みが有ります。
今年の3月から、蛤そばのトッピングが
黒トリュフソースに変わったとか。
そのトリュフの癖が蛤の潮感を
阻害しているように感じますが、
逆に塊みたいに旨味が濃いです。
これはこれでとても美味しいです。

次に麺を。
麺は加水やや高げな細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
トリュフも香りつつ、しなやかで
上質な小麦の旨味が拡がります。
うわ~、この麺、ウッマ~!
菅野製麺製ですが、
小麦粉も上質なのを使ってそう。
これは麺単価が高そうです。
麺量は体感140~150g程度。


具は黒トリュフソース、蛤、
チャーシュー、メンマ、カイワレ、ネギです。
黒トリュフソースは強い香り。
他の具材からもトリュフが感じられて贅沢。
蛤はスープに旨味を少し供給してるかも?
ですが、トリュフが香りつつ、上品な旨味が有ります。
チャーシューは時間経過で
レア感が失われつつありますが、
肉の旨味が十分です。
穂先メンマはシナコリシャキで食感良好。

チャーシュも丼も旨かった。
刻み玉ネギやベビーリーフがシャキシャキで、
マロクリーミーなソースに
果実の甘味を感じるタレが絶妙です。
これは見た目以上に美味しいです。

あっという間に完食。
3年振りですが、顔を覚えてくれいたようです。
女性店員さんはお母様ですか?
あぁ~、お元気になられたんですね!?
いや、ずっと元気ですよw

黒トリュフが贅沢に感じられる一杯でした。
麺も凄い美味しかった。
チャーシュー丼も美味しかった。
ご馳走様です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「【5周年記念限定】黄金の軍鶏そば 850円」@中華蕎麦 はざまの写真濃厚な再仕込み醤油と丸鶏軍鶏のマリアージュが心地好い一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12528716191.html

9/23(月)も80食が提供されるので、先アゲ。
5周年記念限定メニューを狙ってこちらへ。
先待ち客に接続したが、先に食券を購入するみたい。
券売機の隣に限定メニューの説明書きが有り。

しゃも100%スープに
再仕込み醤油のかえしを使用したラーメンです。
麺は特注の16番丸刃ストレート麺です。
上品で奥行きのある味に仕上げました。

限定①ボタンをポチリ。
食券を渡す際、炙りチャーシュー丼200円も現金でお願い。

回転は早くすぐに店内待ち、カウンター席へ案内されます。
「五周年、おめでとうございます。」と声掛け。
オープンした頃が思い浮かび、感慨深そうな店主さん。
腰痛の話で少し盛り上がりますw。

そして、着ラー。
それではスープから。
軍鶏油と思われる滋味あるコクに
再仕込み醤油の旨味と強めな塩気に
ふくよかで厚みのある丸鶏な軍鶏の旨味が
負けずに一緒に伸びていきます。

再仕込み醤油とは、熟成期間の長い濃厚な醤油。
醤油で醤油を仕込む製法で、
濃口醤油に比べて2倍の原料と2倍の期間を要するとか。
その醤油に負けずに確りと軍鶏の滋養が感じられます。

通常、一口目の美味しさが一番響き、
以降の感動は薄れていくのですが、
このスープは逆に飲み進めるほどに
満足度がアップしていきます (^ー^)。
青森シャモロック、奥久慈しゃも、
あぶくま川俣しゃも、大分豊のしゃも、
信州黃金しゃもを使用とか。
何気にかなりブッ混んでそうです。

次に麺を。
麺は加水中程度の中細麺。
スープを束になって拾い、
麺肌からカエシと軍鶏が感じられつつ、
良質な小麦感のある張りとコシ。
麺の味わいも上等です。
麺が長いので少な目に拾い、
ズルズル~と一気にすすり上げて心地好く。
麺量は体感150g程度。

具はチャーシュー2種、メンマ、青ネギです。
鶏モモチャーシューは軍鶏かも。
皮がプルッとして、肉の旨味が濃いです。
豚チャーシューはレアな食感と肉々しさも。
穂先メンマはシナコリシャキで上品。
九条ネギはこちららしいかと。

チャーシュー丼は直前に炙られた風味のある
チャーシューが3切れあり、お得感が有ります。

あっという間に完飲完食。
濃厚な再仕込み醤油と丸鶏軍鶏の
マリアージュが心地好い一杯でした。
店主さんの人柄にも改めて好印象です。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 6件

「野菜チャーシューメン 780円」@家系ラーメン 王道家の写真中毒性のある、レベルの高い家系だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12528334827.html

9月中旬の週末、夜に訪問。先客14名、後客4名。

約5ヶ月振りにこちらへ。
この後に予定があったのですが、覗いたら空いてましたので。
取手のお店はそのままに、10月1日には柏市に再オープンとか。
入って左手に券売機が有り。
野菜の摂取が大切なのでこちらをボチッとな。
後で確認したら、初レポ時にも同じメニューを食べてた。

食券を渡すと、野菜は大盛り可能というのでお願い。
あ、時間がなかった...
好みは麺固めで、あとは普通でお願い。

店内は男性3名の体制。
常連客と店員さんが柏店の話をしていたり。
少しして、着ラー。

ビジュアルはアレですが、
開店時よりチャーシューがデカイです。
それではスープから。
油のコクにやや強めな醤油タレの塩気、
豚骨&鶏ガラという、濃厚な白湯スープが伸びていきます。
塩気はやや強めですが、濃厚白湯スープを引き立てているかと。
前回は体調なのか食傷気味に感じたりしたけど、
今回の方が美味しく感じられます。
半ライスを頼む方も多いのも納得です。

次に麺を。
麺は低加水の中太ストレート麺。
スープを適度に拾い、程好い張りと
小麦感のある歯切れと味わい。
麺固めで丁度良いボイル加減です。
他客も麺固めを頼むか方が多かったです。
でも、実は家系の麺は柔らか目が
美味しかったりすることを書いてて思い出したりして...
麺量は体感150g程度。

具はチャーシュー、モヤシ、キャベツ、ネギです。
チャーシューは独特なスモーキーが強く、柔らかな肉質。
脂身がもう少し欲しいですが、
この大振りなチャーシューが3枚で
+100円はお得感が有ります。
ヤサイはモヤシとキャベツが、9:1くらい。
モヤシはシャキシャキで食感良好。
スープが濃い目なので、ヤサイマシにしても美味しいです。

卓上には豊富な味変アイテムが有り。
糸生姜、漬けニンニク、粗挽き唐辛子をイン。
生姜はサッパリして、ニンニクと唐辛子は
刺激が増してパワーアップ。

もみほぐしの予約時間に間に合わなくなるので、少し残してご馳走様。
やはり、満足度の高い家系でした。
移転が悲しまれていましたから、柏店も繁盛することでしょう。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン(小)750円」@Smart Pigの写真洗練された大人向けの二郎系だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12525886631.html

9月中旬の週末、お昼に訪問。
先待ち客5名、帰りの待ち客8名。

古河市にまた、二郎系のお店がオープン。
古河市は遠くて、週末じゃないと来れないでつ。
駐車場は隣の保育園駐車場に5台分。
休日だったので、広い駐車場は空いていますが...
食券は先に購入するようですが、
入店してからからでも問題は無さそう?。
店舗前の自販機では、黒烏龍茶もスタンバイ。

20分程で「3人は入れるみたいですよ。」と
後客に言われて店内へ。
入って右側に券売機が有り。
豚ラーメン、みそラーメン、つけめんは、×点灯。
券売機左上のこちらをポチッとな。
麺量200g、300g、400gで100円づつアップ。
大食いではないので、この価格設定は
不公平感が和らいだりして。
でも、最近は300gなら食べれちゃうのだが...

店内は改装されてそうな、カウンター8席。
男性店主さんがお一人で切り盛りです。
顔見知りのお客さんが多いです。
小山市や佐野市などの元有名店主さんなのでしょうか。
BGMはピップポップのナズが、控え目に流れています。

10分ほどで空いたカウンター席へご案内。
セルフのお冷やを持って席へ。
4人入れ替え制って訳でもなさそうです。

順番にコール要請が有ったので、
お薦めと書いてあった 、全マシをお願い。

そして、着ラー。
それではスープから。
この系統にしては控え目な油のコクに
やや強めな醤油の塩気と独特な旨味、
微乳化な豚が一緒に伸びていきます。
液状油がないので、くどくなくて好み。
醤油タレはやや強めで、旨味はくどくないけど確り。
スープをそのまま飲み続けるには少しショッパですが、
麺やヤサイと一緒だと丁度良いです。
この日は?微乳化な豚スープとの相性も良し。

次に麺を。
麺は低加水の平打ち太うねり麺。
表面積の大きさでスープを適度に拾い、
控え目なゴワワシ感。
オーション小麦100%使用と思われる味わいですが、
麺が薄いのでインパクトには欠けるかも。
ただ、スープとの相性は良くて食べやすく、
個人的には好みの麺です。
麺量は200gなので、ペロリ。


具はチャーシュー、アブラ、ヤサイ、刻みニンニクです。
チャーシューはミドルサイズが1つ。
柔らかで、塩気と肉の旨味は確りで食べ応えが有り。
アブラはトロッと上質なコクが有り。
これは増して良かったです。
ヤサイはモヤシ、キャベツ。
モヤシのクタシャキ具合が絶妙です。
キャベツも見た目以上に食感を感じました。
刻みニンニクはヒリッと刺激が加わります。

あっという間に完食。
洗練された大人向けの二郎系という印象でした。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】醤油つけめん 850円」@三代目 むじゃきの写真想像以上に豚が強い清湯つけ麺が美味しく、店員さんのツッコミも嬉しい一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12522551082.html

9月上旬の週末、お昼に訪問。
先客12名、帰りの待ち客7名。

9月1日(日)から始まったメニュー狙いでこちらへ。
酷暑がぶり返したので、清湯のつけ麺は食べやすそうです。
ハイテク券売機で限定2ボタンをポチリ。
食券を渡しつつ、奥のカウンター席へどうぞとご案内。
店内は店主さん、男女店員さん4名の体制。

やや待って、着ラー。
美形の女性店員さんが小声で...

「あの...(ズボンの)チャックが開いてませんか!?」

え!? (゜o゜)

あ! (゜゜;)

あ~!!! (゜ロ゜;!



あ、開いてませんけどヾ(゚д゚;)...ヨカッタ
厨房に目をやると、T店主さんの顔から
白い歯がこぼれています。
ヤられました。
しかし、くだらないレビューをよく読んでいるなぁ...ウレシイケド
今度は開けときますねw。

それでは綺麗に畳まれた麺を。
麺は加水中程度の中太ストレート麺。
冷水で程好く〆られ、強すぎない適度な麺肌の張りに
歯切れもよく、熟成された小麦感も程好く感じられます。
麺の味わいは良好。
麺量250gも無くなるのは、あっという間でした。

次につけ汁だけを。
鶏油のコクにカエシの塩気、
豚清湯の温厚な旨味を鶏のキレがまとめて、
多様な醤油タレの旨味と共に混じ入ります。
想像以上に豚が強くて、美味しいです。

そして、麺をつけ汁に浸して。
粘度のないつけ汁ですが適度に絡み、麺も美味しく。
ズルズルッといくらでも食べれちゃいそうです。

具は麺側にチャーシュー2種、メンマ、海苔、
つけ汁に白ネギ、挽き肉です。
鶏ムネチャーシューは、フワッシトで美味。
豚バラチャーシューは、
炙りによる油脂の溶解が感じられて美味しいです。
材木メンマはシナボリシャキで、味付けも良く。
海苔は麺に巻いてパクリ
つけ汁にはネギが多目で嬉しいです。
底には挽き肉も沈み、旨味を供給。

そのままでも飲み干せるつけ汁で、
忙しそうだったけど割スープをお願い。
すぐに丼がリターン。
魚介出汁にネギ、カットチャーシューが
入れられてのリターン。
薫製香のある、カットチャーシューが
入るのは嬉しいです。
スープ割はこうでなくちゃ。

あっという間にほぼ完飲完食。
まさかの突っ込みには驚いたけど、
そこがまた嬉しい一杯でしたw。
ご馳走様です。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 21件