なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 78.995点
最終レビュー日 2019年9月15日
2,374 1,699 1 24,758
レビュー 店舗 スキ いいね

「赤肉汁うどん並(ハイブリッド麺に変更)+ミニもつ丼」@自家製うどん うどきちの写真2019年9月上旬 赤肉汁うどん並(ハイブリッド麺に変更)880円(税抜)+ミニもつ丼320円(税抜)
今話題のハイブリッド麺を食べに此方を訪問。カーナビの指示に従い住宅街の中を行くと民家を利用した店舗を発見。開店時間を少し過ぎていたので店内待ちが5名。ウエイティングリストに名前を書いてから、少し先のコイパに車を駐めもどってくる。
20分ほどで座敷席に案内される。客席はカウンター3席と座敷22席。厨房は奥で見えない。中年男性と女性が調理を担当し接客女性2名で切盛り。
カレー肉汁うどんを注文すると、今日はもう品切れだと言うので赤肉汁うどんを注文。ハイブリッド麺はメニューの何処にも書いていないが、変更できるか聞くとOKだと言うので胸をなでおろした。カミサンは肉汁うどん小(もち麺)、ミニもつ丼も一番人気とあったのでたのんでみた。
15分ほど待って丼が登場。
麺は全粒粉が入る茶褐色の太麺。モチモチで強い腰がある。塩気を少しまといラーメンのような確りとした小麦感。うどんとラーメンのハイブリッドと言う表現がふさわしい今まで味わった事がないような逸品だ。麺のみみも麺味を確り味わえて旨い。量は300gだそうだ。
つけ汁は醤油ベースに魚介出汁が効いて旨味満点。ラー油のような赤い辛味油が浮かび辛さはひりりとする程度で大したことはない。特筆は山椒油とレモン果汁。軽い痺れが最後まで続き柑橘系の酸味と合わさり終始さわやかな爽快感が楽しめる。この痺れはかなり気に入った。
具は豚バラ肉と白ネギ、青ネギ、白胡麻。豚バラ肉は100gも入りボリューム満点。ネギ類も鉄板で良く合う。
カミサンのもち麺を少しもらってこのつけ汁でも食べてみたが、ハイブリット麺の方が存在感が確りしえちる分、辛いつけ汁に良く合っていた。
麺を完食後、入口ポットに入っている二番ダシでスープ割を作ると、出汁の旨味が凄くこれがまた旨い。中細麺にして汁そばにしたら間違いなくうまいだろう。
もつ丼のもつも柔らかく極旨い。これは注文して大正解。車でなければ一杯やりたいところだ。
最後は少し残ったもつ丼にスープ割をかけて絶品のもつ雑炊でフィニッシュ。ご馳走様。
麺300gでもスルリと入りもっと食べたいくらい旨かった。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件
88

「あん胆つけ麺」@かみあり製麺の写真2019年8月中旬 あん胆つけ麺 800円
雲丹の和えそばと冷やし汁なし坦々麺があまりに美味しかったので、もう一杯食べられないか店員さんに聞くと快く了解してくれた。
他の客が食べていたあん胆つけ麺が気になりカミサンとシエアして食べることに。券売機で食券を買って渡すと5分ほどで丼が登場し驚いた。
麺は全粒粉の黒い粒粒が見える自家製太麺。氷水で締められてヒエヒエ。小麦の味わいが素晴らしく美味しい麺だ。麺量は250gとのこと。
つけ汁はいわゆる豚骨魚介。動物系の濃厚な旨味に魚介も効いてハイレベルな旨さだがこれだけなら何の変哲もない。驚いたのはつけ汁の中に入っているほぐされたあん胆。これが麺に絡みつき濃厚なコクを加え極上の旨さだ。唐辛子も適度な辛さで濃厚ながら全く飽きない。これは連食して大正解だった。
具は豚のレアチャーシューと鶏チャーシュー。これはどちらも普通レベル。味玉は半熟加減良好で旨い。
スープ割は別容器で魚介が効いた白湯スープで割るスタイル。此方も美味しく頂き終了。
2杯目も大満足でフィニッシュ、ご馳走様でした。
此処は遠いが是非また機会を作って伺いたい。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「肉つけ中華(冷)」@山形蕎麦と備長炭炙り酒家 YEBISU亭 仙台店の写真2019年7月下旬 肉つけ中華(冷) 980円
らーめん淳 JUNに向かうも定休日。店舗情報では不定休となっていたので修正済。近くのこちらを再訪した。前回は汁そばの冷しを食べたので今回はつけ麺の冷やしを注文。6分ほどで丼が配膳される。
麺は中細縮れ麺。冷水で締められひんやりとしている。固さは丁度良くシコシコと小気味よい食感。
つけ汁は冷たい蕎麦つゆ。少し甘めで鰹出汁がビシッと効いている。量は250gくらいか。
具は豚バラ肉、ネギ、海苔。豚は米沢豚で量は多め。甘ショッパイ味付けで食欲をそそる。
麺をつけ汁につけてズバッと啜るとひんやりとしてサッパリ食べられ暑い日に持ってこい。ネギや海苔は鉄板で良く合う。
終盤は別皿の食べるラー油を投入。辛さは大した事は無いがニンニクチップが香ばしく良い味変になる。
一気に完食。麺量も多目で満腹でフィニッシュ。サッパリと冷たい一杯、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】金目鯛つけ麺」@寿製麺 よしかわ 西台駅前店の写真2019年7月中旬 【限定】金目鯛つけ麺+真鯛の湯引きのご飯 1000円
限定20食の金目鯛つけ麺狙いで此方を訪問、店の前に着くと「本日金目鯛の入荷がありません・・・」と貼りがみがありガックリ。
食券を買う時に一応聞いてみるとキンメご飯が真鯛の湯引きのご飯に代わるが金目鯛つけ麺は出来ると言うので食券を購入した。後で貼紙を良く読むとその通りの事が書いてあった。
店内はコンパクトにL型カウンター10席。パーティクルボード貼りっぱなしのシンプルな内装。厨房内は男性3名で切盛り。先客2名、後客4名平日昼前なのに結構な人気だ。
8分ほどで丼が登場。
麺は中細ですべすべ。モッチリしてのど越し良好。冷たい鰹出しに浸っていてこのままでもスルスルとイケル。
つけ汁は金目鯛アラと鶏を合わせたもの。粘度は無くシャバい。鶏が優勢でブワリと広がり金目は背後に隠れている印象。これはこれで美味しいがメニュー名的には金目にもう少し頑張って欲しい。
具は金目鯛、オクラ、レンコン、ミョウガ、トマト、ミツバ、大葉。レンコン軽く酢が入り、シャキシャキと旨い。キンメは少量の塩辛と和えてあり良好。他の野菜類も夏らしく爽やかだ。
麺を食べ終わった後は冷たい鰹出しで冷やし鯛茶ずけ。つけ汁も少し加えてみたりして楽しめる。〆は残った鰹出しをつけ汁に入れスープ割。温めなおしてもらい熱々を楽しみフィニッシュ。
1Kで色々と楽しめるお得な一杯、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「つけそば 醤油」@中華そば GO.TO.KU ~仁~の写真2019年7月中旬 つけそば 醤油 800円
藤岡で昼時となりRDBで検索して評価が高いこちらを訪問。店は藤岡ICから車で10分弱の郊外に建つ一軒家。店内は喫茶店のような雰囲気でソファーのテーブル席12席とカウンター5席。中年の店主と助手の2名で切盛りしている。
店内は8割くらいの客入りで空いていたカウンター席に着席。あら炊き中華そばが店お勧めのようだが、スープ切れで中華そばかつけそばしかできないと言うのでつけそばの醤油を注文した。
麺はカネジン食品製の中太麺。固めの茹で加減でモッチリ。小麦の味を感じる美味しい麺だ。
つけ汁は動物系の旨味が強めに効いて食欲をそそる。カエシの濃さは丁度良く麺を全部つけて丁度良い。中にとろろ昆布が入っていて麺にからみつく仕掛け。動物系の強い旨味には少し合わなく思えた。
具はチャーシュー、メンマ、レモン。チャーシューは大判ロース1枚。肉の旨味良好で旨い。メンマは三角に切ってある。しなしこで甘めな味。レモンは搾ると爽やかに味変できて良好。
スープ割はブーメラン方式でとろろ昆布が追加されてきた。
サクッと完食。安定感ある旨い一杯、ご馳走様でした。
連休中も関わらず待ち無くサクッと食べられ、渋滞発生前に帰り着く事ができた。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件
76

「ザルラーメン」@力餅の写真2019年7月上旬 ザルラーメン 620円
冬虫夏草ラーメンの店が狙いだったが、東北道で事故渋滞に嵌り今回も断念。目的地への経路上にあるこちらへ2回目の訪問となった。創業明治42年の餅メインの食堂だ。
暑かったので冷たいメニューを探すと、冷し中華とザルラーメンを見つけ後者を口頭注文。
5分ほどでシンプルなルックスの一杯が登場する。
麺は加水高めな細麺弱縮れ。自家製麺のようだ。ツルツルでのど越しが良く越しもあって美味しい。量は200gくらいだろうか。
つけ汁は蕎麦つゆ。鰹の出汁が効いて甘味がある。濃さはそれ程でも無く麺を全部つけて丁度良いくらい。山葵が良く合うが全部入れたら辛くなりすぎた。
ズバズバと麺を啜りサクット完食。暑い日には持ってこいの一杯、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 2件

「冷製旨辛豆乳つけ麺」@麺屋 一期の写真2019年5月下旬 冷製旨辛豆乳つけ麺700円+ビール
会社帰りに此方で晩飯。暑かったので標題のつけ麺の食券を購入。
カウンターで待つと直ぐにビールが登場。一杯目だけは奥さんがついでくれて乙ビール。
直ぐにつけ麺も配膳される。
麺はほうれん草パウダーを練りこんだ自家製中細麺。少し塩気がある冷たい魚介出汁に浸かっていてまるで茶そばのよう。このままでもツルツルと食べれてしまう。
つけ汁は冷たい豆乳ベースでラー油がはられピリッと辛い。旨みはじんわりとした味わい。全体的にはまろやかでサッパリとしている。
塩気は適度なので麺を全身浴して啜ると少しつけ汁の絡みが弱いかな。もう少しつけ汁に力があれば更に美味しく頂けそうだ。
具は麺更に鶏チャーシュー、白髪ネギ。つけ汁側にピンクペッパー、ネギ。鶏チャーシューは大きめが2枚。柔らかく旨み満点の逸品。ピンクペッパーは強めなアクセント。
スープ割はブーメラン方式。冷たい魚介出汁で割ってくれたが、これがメチャ旨い。このスープに麺を入れて冷やがけで食べたらハイスコアーだっただろう。
サクット完食。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 4件
75

「つけ麺」@麺屋 龍次 浪江店の写真2019年5月中旬 つけ麺950円
久々に浪江町に出張。以前よりは人影が多く見られるようになったが、避難指示が解除され帰って来た人は1000人程度。全町民の6%に満たない。そんな中、新しいラーメン屋がオープンしていたの飛び込んでみた。店員さんに聞くと3/18にオープンしたそうだ。
店はレストランの居抜きだろうか。全面ガラス張りの洒落た造り。内装は新しく綺麗で4人掛けテーブルが5卓とカウンターが3席。厨房には中年男性2名と助手1名、接客女性1名の4名体制。
店内は昼時とあって満員。全員工事関係者なのは一目で分かる。丁度空いたカウンター席に座った。
メニュは醤油、味噌が850円、つけ麺が950円。大盛り無料とのことだが、それでも高めな値段設定だ。
つけ麺を注文すると7分ほどで丼が登場する。
麺は黄色い中太麺。固めの茹で加減でコキコキとした嚙みごたえ。麺味は控えめ。量は普通にしたので230gくらいか。
つけ汁は豚骨魚介。魚粉が効いて甘ショッパイ味付け。動物系の旨みは良好。ニンニクのパンチも感じられる。
具は麺上にチャーシュー、味玉、メンマ、ネギ。つけ汁の中に角切りチャーシュー4~5個。チャーシューは甘ショッパイ味付け旨みは良好。メンマは材木状でシャキシャキで。甘めな味付けで旨い。
つけ汁がショッパイので麺は半付けにして食べ進み完食。スープ割はブーメラン方式。魚介感が高まるがまだまだショッパイので少し飲んで終了。ご馳走さまでした。
浪江町では貴重なラーメン店なので今後も頑張ってもらいたい。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「黒味噌つけ麺」@味噌らーめん専門店 味噌三礎の写真2019年5月中旬 【期間限定】黒味噌つけ麺790円
久々に此方を訪問。そろそろ終了と言う黒味噌つけ麺の食券を購入。ビールは×マークだったので店主さんに聞くと、第三のビールならありますよと言って500mlの缶ビールとあてを出してもらった。
ビールを飲み終わる頃に丼が登場。
麺は全粒粉比率が高い茶色の平打ち麺。氷水でしめられ水切り良好。茹で加減は固めでミシリとくる嚙みごたえ。見た目も食感も蕎麦のようだ。
つけ汁はまず動物系の旨みを前面に感じ黒味噌が背後を支える印象。円やかな旨みで美味しいつけ汁だ。黒味噌を前に出た方が良いのではと店主さんに伺うと黒味噌を多く入れるとショッパクなってしまうとの事だった。
具は別皿に鶏チャーシュー、味玉AZS、メンマ、茹でモヤシ、キャベツ、ネギ、、麺の上に海苔。鶏チャーシューは肉の旨み確りでシットリと旨い。味玉はネットリとした半熟加減で味付けも良い逸品。
スープ割はポットに入った出汁汁をセルフで入れるスタイル。
割スープは味噌らーめんのベースに使われているスープと同じで、豚と鶏の白湯と魚介と鶏の清湯を混合したスープだそうだ。旨いスープでフィニッシュ。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 19件

「昆布水つけ麺」@中華そば 和渦 TOKYOの写真2019年5月上旬 昆布水つけ麺 900円
一軒目で不完全燃焼だったので京急を途中下車して此方を訪問。店はガソリンスタンドの裏側の3階建ての2階。店内は洒落た内装でカウンター5席とテーブル14席。店員は厨房に男性2名と接客女性1名の3名体制。休日12時半頃で先客6名、後客1名。
券売機を眺めるとメニューは塩、醤油、つけ麺。×印だが三位一体と言うのが気になる。
暑かったので昆布水つけ麺を選択。テーブル席で待つと7分ほどで丼が登場。
3分割された四角い皿は左から、ぬちまーす、アオサの佃煮、仏手柑果汁が入っており、麺につけて麺だけを味わって下さいとの事。
麺は自家製で太さは中程度。固めの茹で加減で噛みしめると小麦の旨味が湧いてくる。蘊蓄によると春よ来い、ユメチカラなどに石臼挽きの小麦を配合しているそうだ。麺がつかる昆布水には鰹出汁も入っているそうで軽めの塩味でこのままでも十分麺を楽しめる。
ぬちまーす、アオサの佃煮、仏手柑果汁の中では、やはり、ぬちまーすが一番良く合う。
つけ汁はキレがある濃いめの醤油に鶏の出汁感が素晴らしい。鶏油も旨味を加えている。
具は麺側に低温調理チャーシュー、三つ葉、ミョウガ、スープ側に短冊チャーシュー。
スープを麺につけて啜ればキレキレのつけ汁に昆布水のマイルド感も加わりこれは旨い。連食なのにあっという間に麺が無くなってしまった。
丁度良いタイミングでスープ割の出し汁が小さめな器で運ばれる。昆布水と出し汁両方でつけ汁を割ってくださいとのアナウンス。出し汁は鶏出汁。両方投入しても未だ少しショッパかったがあらかた飲んでフィニッシュ。
キレのある醤油に鶏出汁が効いた好みに嵌った旨いつけ麺、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件