なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 78.995点
最終レビュー日 2019年9月15日
2,374 1,699 1 24,758
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】カレー味噌ラーメン」@麺匠 玄龍 ララガーデン長町店の写真2019年8月下旬 【限定】カレー味噌ラーメン950円
夏季限定のカレー味噌ラーメンを食べに夕刻に訪問。平日だからか店内は空いている。
まずはビールを注文。つまみになるのはトッピング用のチャーシューか味玉しか無いので味玉も注文。もう少しつまみも充実させてもらえると嬉しい。
ビールを飲み終わったタイミングで麺を注文。5分程で丼が配膳される。
スープはスパイシーでサラリとしたカレーが主役で味噌は下支え。辛さは大した事は無くピリ辛程度。動物系の旨みが良く出ていて旨みは十分。玄龍さんらしいスキッとした美味しいカレースープだ。
麺は中太ウエーブ。固めの茹で加減で少しミシミシとする。量は150gくらいだろうか。
具は炒めモヤシ、ニンジン、タマネギ、サイコロチャーシュー、挽肉、ネギ。モヤシ、ニンニクはシャキシャキで食感が良い。すりおろした白ゴマがかかっている。タマネギはカレーと一緒に煮込まれたもの。クタっとして甘みがある。サイコロチャーシューは5~6個。味は良い。底の方にはは挽肉も少々沈んでいた。
おニューのワイシャツに汁を飛ばさないよう慎重に食べ進め、麺と具を完食。スープも美味しかったので量が多かったがほぼ完飲。爽やかな食後感の美味しいカレーラーメン、ご馳走さまでした。
ただ、CPはもう一歩に感じられるので、ミニライスをつけてくれたら更に満足度が上がっただろう。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 12件

「【限定】濃厚台湾カレーまぜそば」@仙台中華蕎麦 仁屋の写真2019年6月中旬 【限定】濃厚台湾カレーまぜそば 850円+ビール
台湾カレーまぜそばの呟きに釣られて此方を訪問。平日19時頃で5割ほどの客入り。台湾カレーまぜそばを食べている客が多い。
標題とビールの食券を買いカウンター席に着席。大盛りか並みかのヒアリングがあり大盛りで200gだと言うので大盛りを選択。太麺と細麺が選べると言うので太麺を注文した。
調理は若い女の子が担当。店主さんが横でアシストする。
7分ほどで丼と追い飯も同時に配膳される。
麺の上に台湾ミンチ、卵黄、海苔、刻み玉ねぎ、ネギ、ニンニクがのる構成。台湾ミンチはあまり辛くなく大人しい味。
底のタレはカレー味。本格的なスパイス感があり旨みも十分。辛さは控えめでピリ辛程度。 ミシュラン掲載店麺屋 八から教えてもらったカリージャンと此方のカエシを合わせたタレだそうだ。
麺は自家製の中太麺。茹で加減やや柔らかめでモッチリしていて良好。
全体を良くかき混ぜて食べると辛さのパンチが乏しくて少々ものたりない。ニンニクの効きも今一つな感じだ。ラー油は無いか探すと、離れた場所に油そば用のラー油、酢、マヨネーズのボトルを見つけた。店員さんに取ってもらい、ラー油を多めに回しがけ、酢とマヨも少し加えパンチある味にチューン。但しカレー感は大分後退してしまった。
ビールを飲みながら一気にフィニッシュ。追い飯は茶碗に一杯ほどで食べ応えあり。残ったタレや具とのバランスも丁度良く美味しく頂きフィニッシュ。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 5件

「和牛タン先カレー B 和牛ハンバーグ乗せ」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年5月中旬 和牛タン先カレー B 和牛ハンバーグ乗せ2000円+粒山椒入り胡麻~ユ200円
この日は皐月の限定を食べに麺友さんらと此方を訪問。限定の有無を大将に確認してから標題の食券を購入。
メンマとほうれん草のおひたしをつまみで一杯やったあと標題を発注した。
カレーは牛骨スープをベースにしたものでそれ程辛くなく大将曰くH(ヘタレ)仕様。此れでもかと言う程の半端ない旨みに野菜などから出た優しい甘味が加わる極上の味わいだ。
麺は太麺ウエーブ。モッチリとした食感でカレーに良く合い旨い。
具はタン先、和牛ハンバーグ、水菜、ネギ。タン先はほろほろと箸で崩せる程の柔らかさ。これ程柔らかくて美味しいタンを食べるのも初めてだ。和牛ハンバーグはつなぎを少なくした肉々しい確りとした食感。濃いめの味付けでカレーに負けないインパクトが感じられた。水菜は清涼感があり良い箸休めになる。
途中から胡麻~ユを投入すると、胡麻の旨みが加わり旨さアップ。ニンニクや山椒のアクセントも素晴らしく箸が進む。
麺を食べ終わった後はお決まりのライスドボン。此れは間違いなく旨い。
最後にルーが少し残ったので割スープを投入して旨いカレースープで大満足のフィニッシュ。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 33件

「【睦月限定】サラリ鶏カレーS」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年1月中旬 【睦月限定】サラリ鶏カレーS 2000円(別煮みつせ鶏ぶつ切り乗せ+揚げたてFlesh胸カツ2枚)
この日は睦月の限定を食べに麺友さんらと此方を訪問。限定の有無を大将に確認してから標題の食券を購入。鶏のぶつ切に鶏カツ2枚はキツそうだったが遭難しそうな時は誰かにパスする作戦だ。
いつものように極旨なつまみで一杯やったあとに標題を発注。
スープは軽いトロミのカレ-味。辛さは控えめでナチュラルな甘みがある。驚くほど鶏の旨味が強いがシツコサは無く極上のカレースープだ。鶏白湯をベースに挽肉も加えて旨味を出し、甘みは玉ねぎやニンジン、鶏肉から自然に出たものだそうだ。
麺は中太ストレート。シコシコな食感でスープと良く絡み旨い。量は250gだそうだ。
具はみつせ鶏ぶつ切り、鶏カツ、青菜。みつせ鶏ぶつ切りは骨付きの部位。柔らかで肉の旨味満点。そして特筆は鶏カツ。サクサクで胸肉なのにパサツキが無くしっとり。肉の濃い旨味とほんのりとした甘みが感じられる。こんなに旨い鶏カツを食べたのは初めて。2枚ペロリと食べてしまった。
鶏のぶつ切りを1個をJさんにパスさせてもらい、残りの固形物は完食。〆のご飯をチョコットだけ楽しんで腹パンパンでフィニッシュ。極旨な一杯、ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 33件
85

「スパイスカレー麺」@潮の音の写真2018年11月中旬 スパイスカレー麺 880円+宮城の美味しいご飯120円
久々に此方を訪問。牡蠣狙いだったが、週末にしか入荷しないとの事で久々にカレーを食べることにした。
テーブル席で待つと5分ほどで丼が登場。以前に食べたカレーラーメンは醤油ラーメンにカレーを乗せたものだったが、今回は完全なカレースープで登場。
スープはエソ煮干しメインのいつもの魚介ベースの出汁にカレーを混ぜたもの。辛さは結構辛いが円やかで優しく包みこまれるような深いコクを感じ癒される。スパイスカレーと言うよりも家庭のカレーを飛躍的に旨くしたような癒し感がある味わいだ。
麺は麺屋棣鄂製の中細ストレート麺。しなやかな食感でスープと良く絡み旨い。量は150gほど。
具はチャーシュー、味玉、メンマ、ネギ。チャーシューは肉厚で柔らかく旨旨。味玉は半熟加減が絶妙で旨い。
一気に完食。残りスープにご飯をドボンして旨いスープカレーを楽しみフィニッシュ。
旨旨な癒し系カレーラーメン、ご馳走さまでした。次回は牡蠣を食べに伺います。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 29件

「【7月限定】揚げ蕎麦ぶっかけカレー南蛮 C」@MENYA 食い味の道有楽の写真2018年7月中旬 揚げ蕎麦ぶっかけカレー南蛮 C 1500円
7月の限定を食べに麺友さんらとこちらを訪問。冷たい手羽先をあてに烏龍ハイで乾杯。ころ合いを見て標題を注文する。まずは店員さんが「Tさん、Pさん用にHです」と2杯丼を持ってきた。「H?あ、ヘタレ用ですね」と言うと、「大将がただHと言ただけだったんですが、ヘタレの事だったんですね」と店員さんに大受けだった。
こちらはデフォバージョンのカレースープ。スパイシーでピリピリとなかなかの辛さ。汗だくになるが個人的にはもっと辛くてもOK。辛さは山椒で出しているそうだ。旨味も満点で重さは無くさらりとイケる辛旨なカレーだ。
麺は細麺をラードで揚げたもの。初めは揚げ麺のパリパリだが徐々にしなやかな麺に戻って行く食感の変化に驚く。麺からラードが溶け出しスープの旨味もアップする。
具は巨大な豚のスネ肉、鶏肉、ナルト細切り、玉ねぎ、水菜、ネギ。スネ肉は拳より大きな特大サイズ。箸で崩れるほど柔らかく、味付けも確りして旨い。他の具材もカレーに良くマッチし旨旨。
〆にご飯を投入すると鉄板の旨さ。今日も満腹・満足でフィニッシュ。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 33件

「狼煙まぜそば(カレー)」@狼煙 大宮店の写真2018年3月上旬 狼煙まぜそば(カレー)900円
新幹線を途中下車して予てから狙っていた此方を訪問。両側に飲み屋が建ち並ぶ細い路地をどんどん進み、少し寂しくなってきたあたりに看板を発見。店内は開店1周年の割には年期が入っている。客席は厨房を囲むL型カウンター9席。店内は満員で丁度1席だけ空いた隅の席に陣取る。
店員さんは2名で元気が良く気持ちが良い接客だ。
券場機で始めから決めていた標題とビールの食券を購入。券売機右上にはこちらの常連さんのマラドーナのシールが貼ってあった。
直ぐにプレモルの缶ビールとグラス、つまみのメンマとほぐしチャーシューが配膳される。
ビールを飲んでいると8分ほどで丼が登場。
麺の上に卵黄、チャーシュー、ほぐチャーシュー、フライドオニオン、ネギ、玉ねぎ、メンマ、魚粉、唐辛子が乗る構成。
丼底のタレはとろりとした豚骨ベースのカレー味。豚骨の確りした旨味にカレーのパンチが効いて食欲をそそる。カレーはカレー粉ダイレクト的な雰囲気でジャンクで面白い。最近ヘタレ化してきたのか個人的にはちょいと辛かった。
麺は太麺ストレート、モチシコの食感でタレと良く絡んで旨い。
チャーシューは普通レベル。ほぐしチャーなどはもう少し濃い味つけにしたら面白いかも。
全体を良く混ぜて食べると玉ねぎやフライドオニオンが良いアクセントで箸が進む。
ニンニクは無料食券が必要だったようだが、途中で欲しくなり店員さんにお願いすると笑顔で直ぐに出してくれた。
ニンニクを半分ほど入れるとジャンク度アップし旨さアップ。
最後は卓上ポットの割スープを入れてカレー豚骨の汁そば風を楽しんでフィニッシュ。
御馳走様でした。
味もさることながら店員さんの気持ちが良い接客が印象に残った。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】100%和牛ハンバーグを乗せて カレーぶっかけA」@MENYA 食い味の道有楽の写真2018年3月上旬 100%和牛ハンバーグを乗せて カレーぶっかけA 1500円
この日は麺友さんらと待ち合わせてこちらを訪問。開店15分前に到着しシャッターズ4人に接続する。カレーは人気があるのか開店時には16名ほどの行列になっていた。
ビールを飲みながら待つとボリューム満点の丼が登場。
どろりとしたカレーは牛骨ベースで野菜も溶け込み半端無い旨み。辛さはあまり無く個人的にはもう少し辛くしてもらうと更に良かった。
麺はツルプリな太麺。カレーが絡み旨旨。量は250gはあってこの日の体調ではかなりキツかった。
具は黒毛和牛のハンバーグ、水菜、温泉玉子。ハンバーグは150gはあろうかと言う特大サイズ。油身が少なめな感じで今まで食べた事がないような上品な味だ。水菜はサッパリと口の中をリセットしてくれるナイスアイテム。
前半は快調に箸が進むが後半は段々速度が落ち苦しくなるが何とか完食。ご飯も一口だけ投入してカレーライスも楽しんだ。久々に動くのが苦しいほど腹パンパンでフィニッシュ。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 33件

「【限定】ぶっかけデミグラトマトカレー C」@MENYA 食い味の道有楽の写真2017年6月上旬 仙台の麺友さんが東京に出てきたので、いつもご一緒のおじさん達との顔合わせも兼ねてこちらを訪問。かなり早く店に着きPPをゲット、途中で仕入れた缶ビールを飲みながら待つと知り合いの麺友さんも続々と現れる。
定刻に店が開き、標題の食券2000円を購入。テーブル席でビールを飲みながら待つと待望の丼が登場する。
スープは割とサラリとしたカレー。辛さはそれ程でも無くやや和風なとろみでコクがあり旨い。
麺は太麺ストレート。プリプリな食感じでカレーと良く合い旨旨。量は250g位。
具は紫峰豚のカツ、チキンカツ、海老フライ。トマト。紫峰豚のカツは厚みもありサイズも特大。カリットした歯ごたえで肉の旨み十分。チキンカツはふんわりと柔らかく旨みタップル。これは激旨だ。海老はビックリするようなロングサイズ。塩味が効いていて旨旨。毎度の事ながら具の迫力には圧倒される。
これだけボリュームがあっても飽きること無く一気に完食。何時もながら旨い一杯、ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 33件

「グリーンカレーつけ麺」@らーめん仙代の写真2017年4月中旬 初訪で好感触だったこちらを再訪。土曜の11時半で先客無し後客1名と寂しい客入り。一押しとあるグリーンカレーつけ麺850円の食券を購入。中盛300g、並盛200g同料金だが次も考え並盛を注文。麺は細麺、太麺、手もみ縮れから選べるので太麺を選択。7分ほどで丼が登場する。
麺は自家製の緑色の太麺。グリーンスムージーとスピルリナ、抹茶が入っているそうだ。加水高めでプリプリとした食感が良好。
つけ汁は鶏白湯がベースのカレー味。粘度低めのシャバ系。ベースの鶏白湯の旨みは十分で辛さは強めでスパイシー。パンチがあって旨い。ただ、シャバシャバなので麺との絡みはもう一歩。もう少し粘度を高めたらいい感じになりそう。
具はチャーシュー、メンマ、白キクラゲ、スプラウト。チャーシューは炙りが入った旨みまずまず。白キクラゲはコリコリして面白い。
粉チーズをお好みでどうぞと出してくれたが、好み的には入れない方が良い感じだった。
スープ割はポットからセルフで注ぐスタイル。出汁汁は昆布の出汁が確り出ていて、これで作ったスープ割はメチャ旨。
サクット完食。ご馳走様でした。店主さん耳が御不自由(両耳鳴症)で体調が悪く御苦労されているようだが、これからも病気を乗り越えて頑張って頂きたい。

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 2件