なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 78.998点
最終レビュー日 2019年9月20日
2,378 1,701 1 24,820
レビュー 店舗 スキ いいね

「長浜黒らーめん」@長浜らーめん いっせんかくの写真2019年8月下旬 長浜黒らーめん780円
会社帰りに同僚からお誘いがあり此方へ訪問。まずは“せんべろ”(千円でドリンク3杯とツマミ1品)を注文。つまみは角切りチャーシュー。博多らーめんと長浜らーめんはどう違うのかなどを議論しながら、生ビールを2杯飲んでラストはハイボール。ドリンクが3杯もついて呑助には嬉しいセットだ。
〆に長浜黒らーめんを注文。程なくして丼が登場する。
白濁した豚骨スープの上に黒いマー油がかかる。豚骨スープは臭みが無く円やかで旨みも良くでている。マー油はニンニクの風味や香ばしさは控えめでマイルド。もう少しパンチも欲しい。全体的には癖が無く誰でも食べやすい旨いスープに仕上がっている。
麺は低加水ストレート。バリカタで注文した通り固めの茹で加減。量は120gくらいか。
具はチャーシュー、キクラゲ、バラノリ、ネギ。チャーシューは大判で旨みもまずまず。バラノリの風味がスープに合う。
卓上の醤油漬けニンニク1片をクラッシャーで潰し投入すると、一気にニンニクパンチがアップ。コレダヨコレと言った感じで一気に完食。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 3件
74

「チャンポン」@山ちゃんの写真2019年8月中旬 チャンポン750円
時間的制約のため、益田(島根県)のホテルから一番近い山口県のラーメン屋でとりあえず山口県を染めることにした。
店は国道に面した一軒家。ラーメン屋と言うよりはラーメンもある食堂と言ったところ。
店内は広くカウンター8席、テーブル12席、座敷20席。先客も後客も無く寂しい。
白い調理着を着た初老のおじさんが一人で切盛りしている。
ラーメンメニューはラーメンとチャンポンだけ。ラーメンは醤油とあったので山口県なら豚骨だろうとチャンポンを注文した。
厨房でシャカシャカと野菜を炒める音を聞きながら待つと10分ほどで丼が登場。
スープは白濁した豚骨。豚骨の旨みはジンワリと穏やかで塩気も薄味。今日は炎天下の中出雲大社をお詣りして大汗をかいたので少々物足りなく感じた。
麺は白っぽい中太麺。モチモチしていて良好。
具はキャベツやモヤシメインの野菜炒めに蒲鉾、サツマアゲ、小海老、豚肉などが沢山入りボリューム満点。野菜類はシャキシャキとし良好。
ゆっくりと完食。ご馳走様でした。
これで残るは沖縄だけ。涼しくなったら伺いたい。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やしちゃんぽんセット」@リンガーハット ドン・キホーテ仙台駅西口店の写真2019年6月上旬 冷やしちゃんぽんセット 745円+ビール
晩飯に野菜補給も兼ねて此方を訪問。仙台駅の近くのドンキホーテが入るビルの地下1F。座席は45席ほどと広い。場所が分かりにくいからか先客10名、後客5名と少々寂し。
冷やしちゃんぽんが始まっていたので、冷やしちゃんぽんSと餃子5個のセットを注文。こちらの店舗は前払いなので、入場時にお金を支払う。
まずはビールが運ばれ、次に冷やしちゃんぽん、餃子が登場。
先に餃子をやつけて、ビールを2/3程飲んだところでちゃんぽんにとりかかる。
スープは白濁してひんやりと冷たい。塩気はややつよめだがまろやかで確りとした旨みがあり正直旨い。HPによると、冷たいとんこつスープに白ごまとピーナッツがプラスされているそうだ。
麺は太麺で湯で加減固め。ミシミシとした食感。悪くは無いがもう少し茹でてもらった方がベターだ。量はsなので100g。
具はトマト、オクラ、水菜、ニンジン、キクラゲ、クラゲ、かまぼこ、鶏肉細切りなど。ヒンヤリとしてかるい塩味がある。冷製サラダ的な感覚で爽やか。スープとも良く合う。
量も少ないのでサクット完食。旨いスープとサラダ的な野菜が好印象の一杯だった。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(小)」@岡本中華 小松島本店の写真2019年4月下旬 中華そば(小) 550円
折角徳島まで来たので徳島ラーメンをもう一杯。1951年創業。徳島ラーメンのルーツと言われる白系の有名店だ。
店は飲食店や商店が連なる長屋の一角。店内は綺麗な内装でカウンターとテーブルで30席ほど。店員は接客女性2名と厨房に男性2名。厨房は客席とは離れていて調理の様子は見えない。
日曜17時頃で先客20名程と賑わっている。
標題を口頭注文すると7分程で丼が登場。
スープは豚メインで鶏も加えていると言う白湯。粘土は低くサラリとしているがその旨味は半端なく、円やか且つクリーミー。そして、キレがある強めの塩気が全体を見事に引き締める。シンプルだが飽きが来ない、旨味と塩気のバランスが素晴しい極上のスープだ。
麺は中細ストレート。驚いた事にコキコキのかなり固めな茹で加減。しかし此れがスープと良く合い旨い。
具はチャーシュー、メンマ、ノリ、ネギ。チャーシューは甘めな味付けで美味しい。海苔は磯の風味が良好。
麺と具を一気に完食。旨いスープにレンゲが止まらずスープも完飲。旨い一杯ご馳走様でした。
帰りがけに女将さんに「美味しかったですよ、何か特別な塩を使っているんですか」と聞くと、普通の塩ですよと答えてくれた。
今回は茶系と白系の2種類の徳島ラーメンを食べたが、まだ黄系と言うのがあるそうだ。正直なところ徳島ラーメンを少し侮っていたが、徳島に行ってみて奥が深く地域に根付いたラーメンだと初めて分かった。また、機会を作って徳島ラーメンを巡ってみたい。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】PIG's FOOT(ジャンク&コラーゲン)」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年4月下旬 【限定】PIG's FOOT(ジャンク&コラーゲン)1200円
麺友さんらと4月の限定を食べにこちらを訪問。まずはフキノトウとタラノメの天ぷらで一杯。前日飲み過ぎたので皆さん元気が無くピッチが上がらない。と言うことで早めにラーメンを注文。
スープは濃厚な豚清湯。キリッとしたカエシに豚の旨みが半端なく押し寄せる極旨なスープだ。
麺は平打ち気味の中太麺。プリプリとして美味しい。
具は豚足、メンマ、紅ショウガ、ネギ。何と言っても特大の豚足が凄い。焼酎で煮込み臭みを消し手間暇かけて6時間煮込んだそうで、全く嫌味が無くプルンプルンのコラーゲンが楽しめる極上の逸品だ。此れを食べられただけでもこの日来た価値がある。紅ショウガはサッパリとして口直しに効果絶大。
ラストはライスドボンで大満足のフィニッシュ。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 33件

「おっぺしゃんらーめん」@おっぺしゃん イービーンズ店の写真2019年2月下旬 おっぺしゃんらーめん 780円
飲み〆に此方を訪問。仙台を中心に店舗展開する熊本ラーメンの鎖店だ。
店内はカウンター席4席と立食いスペース8席と言う面白い造り。
先客4名後客4名とそこそこ流行っている。
標題の食券を買い、麺の固さをバリで注文。
直ぐに丼が配膳される。
スープ ショッパめで豚骨感はもう一歩。マー油も香ばしさや旨みはあまり感じられない。
麺は豚骨定番の低加水細麺。バリで注文したのでコキコキな食感。カタで良かったかな。
具はバラ先チャーシュー、ハーフ味玉、キクラゲ、海苔。チャーシューはバラ先軟骨をトロトロになるまで煮込んだもの。ボリュームもあり良好。味玉は黄身がトロリとして旨い。
軽く完食。御馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「旦過ちゃんぽん」@五橋のチキン野郎! 周平の写真2018年5月下旬  旦過ちゃんぽん 760円(税別)
五橋の新店にまたまたフラれて、目をつけていたこちらで一杯。鶏料理メインの居酒屋だ。店内はカウンターとテーブルで40席ほど。店員は厨房に3名と接客1名。10人位の団体さんがかなり出来上がって騒いでいる。月曜限定つまみ5品付き2時間飲み放題2980円(税別)と言うお得そうなセットもあったが、今日の狙いはちゃんぽんなのでパス。焼きトンと鶏皮ポン酢で2杯ほど飲んで〆に標題を注文した。旦過とは何かと調べたら、北九州小倉にある地名で旦過ちゃんぽんというジャンルのチャンポンがある分けではなかった。
スープは白濁した豚骨。確りとした旨みに野菜の旨みも加わり美味しい。
麺は小倉から直送していると言う丸い断面のストレート麺。茹で加減柔らかくムニュっとして少し残念。スープとの相性は良い。量は150g。
具はカマボコ、竹輪、薩摩揚げ、もやし、ニンジン、キャベツ、タマネギ、椎茸。タマネギは甘くて良好。甘目の味の椎茸が面白い。ボリュームは十分だがゲソや小エビなどの海鮮も少しは欲しい。
サクット完食。スープは美味しいのでほとんど飲んで終了。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (21) | このお店へのレビュー: 1件

「長浜らーめん」@長浜らーめん いっせんかくの写真2018年5月上旬 長浜らーめん 750円
会社の同僚とこちらを訪問。まずは“せんべろ”(1000円でベロベロ。お好きなアルコール3杯とおつまみ1品で1000円)を注文。おつまみは小皿に入った大根と鶏肉の煮物。突き出し程度のボリュームなので餃子と唐揚げ、チーズの味噌漬けを注文。生ビールにハイボールを2杯飲んで気持ちよくなったところで〆の一杯に標題を注文した。
スープは白濁した豚骨。臭味は無く豚骨の旨みは円やかで濃厚。先日九州で食べた豚骨よりも濃度では上回っている。終盤は流石に重く感じたが旨いスープだった。
麺はお決まりの低加水ストレート。バリカタで注文した通り固めの茹で加減が心地よい。
具はチャーシュー、キクラゲ、岩ノリ、ネギ。チャーシューは大判で旨みもまずまず。岩ノリが良いアクセントになっている。
卓上に紅ショウガやニンニク、辛し高菜もあったがスープが力強いので使わずに麺と具を完食。スープは少しもたれてきたので残して終了。
会社帰りのチョイ飲みに最適なセットと一杯、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 3件
83

「ラーメン」@いってつの写真2018年5月上旬 ラーメン600円+餃子300円
都城にある関の尾滝見物の途中でTさんお勧めの長浜ラーメンの此方で宮崎県染め。本当は此方がメインで滝は付け足しなのは秘密。
開店時刻少し前の到着で40台以上停められる駐車場は8割方埋まっている。
急いで車をとめ店頭の名簿に名前を記入。既に先客は40名にも達していた。
定刻に開店すると1巡目では入れず外待ち席で待機。20分ほど待って入店する。
店内は広く厨房を囲むテーブル12席とテーブル18席、座敷12席。店員は厨房に5人、接客4名の9名体制。
ラーメンを麺固めで注文。餃子もたのんでみた。1人1個まで無料の茹で卵の殻をむいて食べていると先に餃子、続いてラーメンが配膳される。
スープは豚骨の旨味が濃厚で旨い。カエシは醤油ベースでやや強め。個人的にはカエシがもう少し弱ければ言うこと無し。
麺は低加水細麺。パツンとした食感が心地よい。麺味も小麦感がありうまい。すし醤と言う麺箱に入っていた。
具はチャーシューとネギ。チャーシューはバラロールタイプ2枚。濃いめの味付けで旨い。
餃子も具が多くて味付けも良く旨旨。
途中でニンニクを加えるとスープの旨味がパワーアップ。辛子高菜、紅生姜も投入して味変を楽しみサクッと完食。ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「豚とろラーメン」@鹿児島ラーメン豚とろ 天文館本店の写真2018年5月上旬 豚とろラーメン 840円
遅めの昼食で此方を14時ごろ訪問。店は天文館の歓楽街にほど近い一軒屋。店内はかなり年期が入った様相でカウンター7席、座敷22席。先客10名、後客5名と結構な客入り。
カウンター席に座り標題を注文。程なくして丼が配膳される。
スープは円やかな豚骨の旨味が確り感じられ美味しい。鹿児島産豚骨をメインに鶏や鰹も加えているそうだ。終盤はややショッパくなり飽きも来るので味変したいが、卓上グッズは擦り胡麻とBPだけで辛高菜は別料金。甘酢漬けの大根はあったが紅生姜やニンニクもあると嬉しかった。
麺は中太ストレート。プリッとした食感。量は通常より少なめな印象。
具は豚トロチャーシュー、キクラゲ、ネギ、揚げネギ。豚トロチャーシューはトロトロに柔らかく旨味たっぷり。此れは旨い。揚げネギもカリカリで良いアクセント。
サクッと完食。トロ旨の豚トロチャーシューが印象に残る一杯だった。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件