なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 79.022点
最終レビュー日 2019年10月19日
2,399 1,714 1 25,180
レビュー 店舗 スキ いいね

「タンタンメン 大辛(半麺)」@元祖ニュータンタンメン本舗 仙台長町店の写真2019年10月中旬 タンタンメン大辛(半麺)730円+半ライス100円+餃子390円+ビール
台風一過のこの日、遠出はやめて徒歩圏のこちらでランチ。
店内はゆったりとしてカウンター8席とテーブル12席。NHKのど自慢が流れ妙にくつろげる。先客11人、後客5人。
まずは餃子でビールを一杯。皮はフニャリとしているがニンニクとニラのパンチが良好。
頃合いを見て、タンタンメンを大辛で注文すると丁度飲み終わるころに大きな丼が配膳される。
スープは豚ガラ塩味ベースに粗びき唐辛子を効かせたもの。辛さは額からじわりと汗がにじむ程度で見た目ほど辛くはない。豚の旨みは良好でニンニクパンチも効いて癖になりそうな味だ。温度が下がると少々ショッパイのが惜しい。
麺は多加水の中太麺。少しヤワメだがプリプリとして良好。後客は麺固めをコールしていたので次回は麺固めとしたい。麺量は半麺にしたので100gも無く少々物足りない。100円upで麺量普通にすれば良かった。
具は挽肉と溶き卵。どちらも量は多め。
麺が直ぐ無くなったのでライスに挽肉と溶き卵、残りスープをかけて雑炊で〆めフィニッシュ。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】秋の汁なし坦々麺」@鶏ポタラーメン THANK 大門店の写真2019年10月上旬 【限定】秋の汁なし坦々麺980円+ビール
休日ランチに近場の此方を訪問。
ツイッターでチエックしていた限定の汁なし坦々麺の食券を購入。辛さは普通で注文。
カウンター席でビールをチビチビ飲みながら待つと12分ほどで平たい皿の一杯が登場。
麺の上にローストトマト、揚げびたしナス、肉みそ、カシューナッツ、ネギが乗る構成。右側の黒いのは丼の模様では無く、味変用の味噌ダレだそうだ。
トマトとナスをよけて全体を良く混ぜて食べると、ゴマの旨味は良好で辣油の辛さと山椒の痺れが程良く効いて食欲をそそる。個人的にはもっと辛い方が良かったので辛めを指定すれば良かった。
麺は菅野製麺製の太麺。茹で加減柔らかめでムニャリトしているのが惜しい。
具はローストトマトが温かくて酸っぱくて新鮮な感覚。ナスはトロトロしていてナスらしい味もあまり感ぜず好みから外れる。肉みそは辛めの味付けで美味しい。ナッツはもっと細かく刻んでもらった方が食感が楽しめるように思えた。
終盤にみそダレを絡めてみたが、コクがそれ程加わるわけでもなくショッパクなるので無い方が良いかも。
ゆっくりとビールを飲みながら完食。ご馳走様でした。
ベースの味は美味しいのだが全体的な完成度はこれからといった感じだった。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 3件

「汁なし担々麺」@中国四川料理 天府仙臺の写真2019年8月下旬 汁なし担々麺 800円+半ライス60円
卸町でのランチに此方を訪問。涼しくなったせいか混んでいて、12時少し前で満席。因みに退店時は外待ち10人。中待ち2名に接続し10分程で着席。汁なし担々麺を注文すると10分ほどで丼が配膳される。
麺の上に肉味噌、モヤシ、小松菜がのる構成。花山椒の良い香りが食欲をそそる。
丼底にはシャバシャバしたタレが3〜4cmほどはられている。
全体をよく混ぜて食べると、辛さと痺れはかなり強烈。個人的には上限に近い。痺辛が退くと甘味が顔をのぞかせ、甘辛旨でクセになりそうな味わいだ。
モヤシと小松菜はシャキシャキと食感が良く良いアクセント。肉味噌も確りと辛痺な味付けで美味しい。
ヒーヒー言いながら頭から汗をかいて麺と具を完食。シャバイタレにライスを投入し辛痺雑炊を楽しみフィニッシュ。甘辛のインパクトが癖になる旨い一杯。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 3件

「【期間限定】冷し担担麺」@らーめん 本竈 エスパル仙台店の写真2019年6月下旬 冷し担担麺 850円
ランチに1年ぶりに此方を訪問。標記の限定を見つけて券売機のボタンをプッシュ。
7分ほどで丼が登場する。
麺は自家製中太麺。氷水でしめられヒエヒエ。ムチっとした食感で茹で加減も固すぎず好みな加減。豊かな小麦の風味が素晴らしい。
ドンブリ底にはドロドロとした芝麻醤と真っ赤な辣油がはられている。芝麻醤は胡麻の風味が濃厚で甘みもあり好みな味わい。辛さはヒリヒリと強め。
麺上のミンチは多めで、確り味がついているが辛くは無い。
全体をよく混ぜて食べると、胡麻の旨味に辣油の辛さが心地よくアクセントを加えてくれる。
こちらのデフォの坦々麺は強い痺れが苦手だったが、此方は痺れはあまり感じない。逆に少しは痺れがあっても良いかなと思うくらいだった。
一気に完食。ミンチが余ったのでおい飯も良さそうだったが、そのままフィニッシュ。万人受けしそうな チューニングの美味しい冷し汁無し担担麺、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 9件
87

「たんたん麺」@さんくるげの写真2019年5月上旬 たんたん麺750円+替玉100円
mona2さんレポを見て此方を急訪。元々、会津方面に旅行の予定だったので、少し遠回りだがあぶくま洞観光を口実に訪ねることにした。
店の前には大きな花輪が二つ飾られていて、一つは鳴龍からの物。店主さんはちゃぶ屋出身で鳴龍の斎藤さんや多むらの田村さんと一緒に働いていたそうだ。鳴龍には2年前に在籍していたとか。
店内はお寿司やさんの居抜きのようでカウンター5席と座敷8席。店主さんのお父さんとお母さんと思しきご年配の方がサポートしているが、あまり機能していない。近々、店員さんを雇うそうだ。現状では80杯くらいが限界で朝7時からの営業で13時には売切れるうそうだ。
休日11時頃の訪問で先客2名、後客6名。
メニューは塩、醤油、たんたん麺、替玉。たんたん麺を注文すると7分ほどで丼が登場する。
ベースのスープは塩と同じ動物系と魚介を合わせたスープ。表面に1cm程の厚さで芝麻醤状の物が浮かびほんのりと八角のような良い香りが漂う。辛さはやや強めの中辛程度で痺れはほとんど感じない。程よい胡麻の旨味と酸味も感じる奥行きが深い味わいで此れは旨いスープだ。
麺は細麺ストレート。プリプリな食感でスープと良く合い旨い。量は130gくらいか。
具は短冊チャーシューと白髪ねぎ、メンマ。短冊チャーは味良く、白髪ネギや麺に絡めて食べるとメチャ旨い。メンマは甘めな味付け。スープによく合いいいアクセント。
一気に麺を完食。ご飯は無いので替玉を注文。麺を茹でただけの普通の替玉が登場した。スープに投入すると味が薄まるのが少々惜しい。
ちなみにカミさんが食べた塩は動物系と魚介が絡み合う奥深い味わい。麺は平打ち気味の中細麺。此方もかなり旨かった。
ハイレベル、高CPの旨い一杯、ご馳走様でした。また何時か寄らせてもらいたい。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺」@恵比寿餃子 大豊記 御成門の写真2019年4月下旬 汁なし担々麺(日替わりランチ) 950円+ビール
ランチに此方を訪問。昼時とあって店内満員で少し待って入店。店内はカウンターとテーブルで40席ほど。厨房に男性2名接客男性1名の3名体制。
日替わりランチが汁なし担々麺だったのでビールと併せて注文。
ビールが先に運ばれ、暫くしてからトレイに乗った汁なし坦々麺、シュウマイ、半ライス、スープ、ザーサイが運ばれてくる。
先ずはシュウマイでビールを空ける。シュウマイは大きめなサイズが1個。ジューシーな肉感で旨い。
スープはトマトと溶き卵が入りショッパめだがまずまず。
汁なし坦々麺は麺の上に肉みそとホウレン草が、揚げネギ、ネギがのる構成。
肉みその上に花椒がかかり良い香りが漂う。芝麻醤は旨味は確りとした胡麻の旨味に甘みと酸味が効いた個性的な味わい。中華胡麻ドレッシングのような味だ。
麺は中太のウエーブ。モチモチとして良好。麺が少しくっついて混ぜにくいのが難点。
全体を良くかき混ぜて食べると胡麻の旨味は十分だが甘さと酸味が強めで少々好みから外れた。辛さも控えめないので卓上のラー油を回しがけして辛さアップし完食。
少し残った肉みそにご飯を投入してフィニッシュ。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし坦坦麺」@担担麺 ぺんぺんの写真2019年5月上旬 汁なし坦坦麺850円+温泉玉子100円+ミニジャスミンライス50円+ビール
登録・初レポにつき先あげ。
先日、新虎通りを散歩していた時に偶然見つけた坦々麺の店を訪問。場所は虎の門ヒルズの直ぐ近く。以前はうどん屋だつた場所だ。
店舗のポスターには香噴噴 東京木場プロデュースとある。香噴噴 東京木場は好印象だったのでハードルを上げて入店。聞くと4/18にオープンしたそうだ。
券売機は外にあり、メニューは坦々麺(汁なし、汁あり)と麻辣麺。私は苦手だがトッピングにパクチーのボタンもあった。
店内はカウンター5席とテーブり11席。厨房に男性2名、接客に男性1名の3名体制。先客2名に後客8名と客入りはまずまず。
テーブル席に座るとおしぼりと紙エプロンがセットされていて好印象。ビールを飲みながら待つと7分ほどで花椒の良い香りが漂う丼が配膳される。
麺はモッチリとした太麺。量は200g程度か。
上に乗る肉みそは確りとした味で旨味も十分。
丼底のタレは胡麻の旨味が確りと感じられ若干の酸味や魚粉がアクセントを加える。辛さ痺れは結構強め。
全体を良く混ぜて食べると旨辛なタレに箸が進む。途中で温泉玉子を投入するとマイルドになり旨味アップ。温泉玉子トッピングは正解だった。
ミニジャスミンライスは小さな茶碗に一杯。肉みそが少ししか残らなかったので1/3は肉みそと混ぜて食べ、残りはカミサンが食べた麻辣麺のスープを入れて雑炊で楽しんだ。
ちなみに麻辣麺(料理写真にup)はかなり辛く、麺をすすると辛さでむせるほど。個人的には美味しく食べられる上限くらいな感じ。醤油ベースのスープで独特な香辛料が後を引く味だった。
やはり香噴噴 東京木場にはかなわないが上げたハードルは十分にクリアーするハイレベルな一杯だった。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺」@担々麺 たかはしの写真2019年3月下旬 汁なし担々麺 700円+ハイボール
晩飯に2/12オープンの担々麺専門店を訪問。店は飲食店の居抜きで厨房を囲むL型カウンター8席。30代くらいだろうか店主さんが1人で切盛りしている。先客、後客は無く少々寂しい。
汁なし担々麺とハイボールを注文。ハイボールと一緒に良かったらどうぞと味玉と鶏そぼろをアテに出してくれた。飲みながら待つと6分ほどで丼が配膳される。
まずは花椒の良い香りがフワリと漂う。
麺は加水高めな感じのプリプリした平打ち麺。
丼底のタレは甘辛で食欲をそそる。
具は鶏そぼろ、ニラ、白髪ネギ。黒ゴマも粒のまま入っている。
全体を良くかき混ぜて食べると甘辛なタレで箸が進む。辛さと痺れは適度で個人的には丁度良い。もう少し胡麻の旨みが感じられれば好みに嵌りそうだ。
ハイボールのあてにしながらサクッと完食。値段の割には本格的な一杯、ご馳走さまでした。
新店祝とアテのサービスを加味してスコアーは大台とした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「汁無担々麺」@和醸良酒 隆の恵の写真2019年2月下旬 汁無担々麺 756円
汁無担々麺が無性に食べたくなり目をつけておいた中華居酒屋を訪問。店内は厨房前に間をガラスで仕切られた一直線のカウンター7席と座敷12席。2階にも席があるようで宴会が行われている。
まずは餃子とビールで乾杯。餃子は特大で餡がタップリ。餡の味付けが薄いのが惜しい。
次に汁無担々麺を注文。辛さは少、普、多、それ以上の4段階から選べるが、お姉さんが普通でもかなり辛いですよ~と言うので普通とした。
直ぐに汁無担々麺が登場。パクチーは抜きにしてもらったので豆苗が沢山のりそのまわりに大粒のひき肉が沢山のる。豆苗をめくると食べるラー油が麺の上にのっていた。
麺はプリプリした太麺。底のタレはラー油と唐辛子で相当辛い。
全体を良く混ぜて食べると、辛さは相当で口の中や唇がヒリヒリして箸が止まる。花椒の香りはするが痺れはほとんど無い。旨みはタレの油がメインのように感じ、胡麻感はほとんど感じられない。
兎に角辛くてビールが直ぐ無くなった。ハイボールを追加して口中を冷やしながらなんとか麺と具を完食。極辛油そばと言った感じの一杯、ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「麻辣担々麺(中)+麻婆豆腐丼(小)」@中国料理 無問題の写真2019年1月中旬 担々麺セット 麻辣担々麺(中)+麻婆豆腐丼(小)1000円
麺組に行く時に何回か前を通り気になっていた此方を訪問。店は道路に面した一軒屋で大型駐車場を完備。店内は広く50席ほど。15時近くの入店だったので店内に客はおらず貸し切り状態。
麻婆豆腐が旨いと言う呟きをみたので麻婆麺は無いかとメニューを探すが見つからず、標題のランチセットにした。スープと烏龍茶をセルフで取ってきて飲みながら待つと丼が登場。
スープは動物系の清湯に薄らと胡麻の風味が感じられる。辛さは中辛程度で酸味も感じられ痺れはほとんど無い。今まで食べた中では一番アッサリとした担々麺のスープだ。
麺は加水高めな中細縮れ麺。スープとの相性は良好。
具は肉みそ、小松菜、ネギ。肉みそも中華調味料的な深い味わいは無くシンプルな味付け。
麻婆豆腐は濃いめでニンニクが効いた味付け。片栗粉のトロミが強くチープな感じだが味は良い。
麻婆豆腐丼とのセットだからかかなりアッサリとした担々麺、ご馳走さまでした。
なお、スコアーは担担麺単体とした。ちなみに麻婆豆腐丼は78点くらいかな。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件