なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 78.995点
最終レビュー日 2019年9月15日
2,374 1,699 1 24,758
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】辣塩豚骨つけ麺」@麺屋 あごすけの写真2018年8月中旬 【限定】辣塩豚骨つけ麺 1,010円
爽辛麺に続き標題を注文。少し間を開けて丼が登場する。
麺は自家製の中太麺。全粒粉が入り茶色っぽい麺肌。モチモチの食感で小麦感があり美味しい麺だ。
つけ汁はサラリとした塩豚骨。多めに入った焦がしネギが良い香りを加える。豚骨は脂っこさやシツコさは皆無でスッキリとさえしているのだが、その旨味は半端なく、此方ならではの上品な極旨豚骨と言えよう。
具は麺上に豚チャーシュー、江戸菜、 メンマ、キュウリ、肉の佃煮的煮物、ネギ。つけ汁側に焦がしネギ、ネギ。別皿でニンニクチップ、辣油、エビ辛味。チャーシューは肩ロースの低温調理タイプと炙りが入ったバラ肉。どちらも肉厚でボリューム満点。キュウリは軽い酸味でとても良い箸休めになる。特筆は辣油。中華香辛料のスパイシーな香りが素晴らしナイスな味変グッズだ。ニンニクチップも鉄板の旨さで食欲アップ。エビ辛味は使わないまま麺と具を完食。
スープ割も美味しくいただいてフィニッシュ。2杯目だったので腹パンパンでフィニッシュ。ご馳走様さまでした。
来年は餃子、ビール、つけ麺にしようか、今から楽しみだ。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 13件

「つけ麺」@麺匠 玄龍 ララガーデン長町店の写真2018年7月上旬 つけ麺 896円+ビール
晩飯に久々に此方を訪問。新メニューのつけ麺とビールをオーダー。普通200gと大盛300gから選べたので大盛を選択。カウンターでビールをチビチビ飲みながら待つと7分程で丼が登場。
麺は平打ち太麺。加水高めな感じでツルツルとした麺肌。全体的にやや茶色味を帯び甘みがあって美味しい。水切りは麺がくっつかないように意識的に少し甘めにしているようだ。
つけ汁は豚骨塩。表面に黒っぽい油が浮かぶが、その下は真っ白な塩豚骨。粘度は低くシャバ系。塩分濃度はやや高めで節メインと思しき魚介も効いて旨みも十分。
具は麺の上に鶏チャーシュー、豚チャーシュー、メンマ、ナルト。つけ汁の中にネギ。チャーシューは鶏も豚も低温調理タイプで普通。値段の割には具材が寂しい。
麺をつけ汁につけて啜ると、つけ汁の絡みが少し弱い感じ。麺を全身浴させれば問題無く食べられる。
終盤に小皿のラー油を投入するがあまり辛くなく味変としてはもう一歩。
麺を食べ終わり、白い別容器から魚介出汁の割スープを投入し旨い豚魚スープを楽しみ終了。
麺300gはやはり多かったようで満腹。ご馳走様でした。
スコアーはCPも考慮しこのあたりで。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 12件
82

「バラそば」@バラそば屋の写真16.1.11(月)14:30 不如帰の後、麺友さんとこちらを訪問。昨年8月にオープンした「つけめん玉」の新ブランドだそうだ。
店は1Fにカウンター9席、2Fにテーブル16席。店外の券売機でバラそば780円とレモンサワーの食券を買い2Fテーブル席に着席。レモンサワーを飲んでいると直ぐに丼が登場する。
スープは塩豚骨。やや白濁して、サッパリとしていながら確りと豚骨の旨味が感じられる美味しいスープだ。
麺は加水高めな平打中細麺。ツルシコの食感が良好。喜多方っぽい雰囲気もあり面白い。量は150gくらいか。
具はバラチャーシュー、ネギ。バラチャーシューは薄いが7~8枚入りボリューム満点。注文を受けてから切るのかどうか分からないが、切置きという感じではなく1枚、1枚がフレッシュで旨味も十分ありなかなかイケル。ネギはスープに良く合って旨い。
途中で卓上のショウガ細切りを投入するとサッパリとし良く合う。
連食ながら麺と具を余裕で完食。
CPの良さも感じる旨い一杯。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン+辛マーユ」@中華そば 飯村製作所の写真15.4.25(土)12:30 麺や虎徹に続いてこちらを訪問。入口券売機でタンメン800円と黒マー油30円の食券を買い空いていたテーブル席に着席。その後、後客が続々と入店し中待が発生したので、入店のタイミングが良かったようだ。暫く待って丼が登場。かなりボリュームがあり食べきれるか不安になる。
スープは白濁した豚骨スープ。粘度は無くシャバ系。豚の旨みはまずまずで塩加減も丁度良い。真っ黒な辛マー油はマー油的な香ばしさはあまり感じられず、辛さも控えめなピリ辛程度。期待していた程のパンチは無かった。
麺は中太ストレート。モッチリとした腰があり美味し。量は200gあり、少々持て余し気味。
具の野菜炒めはモヤシが主体にキャベツ、ニンジン、ニラ、豚ばら数枚。量は軽く一握り位。シャキシャキで美味しい。
生姜を溶きながら、食べ進むと、連食だったので後半は少々ペースダウンしたが、固形物を完食。スープは少し飲んで終了。
まわりを見回すと、タンメンを食べている人がかなり多い。早くもこの店の人気メニューになっているようだ。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件
74

「タンギョウ」@トナリの写真13.12.29(日)13:40 昼飯に良いところは無いかとウロウロ。こちらを覗くと、行列もなく、空席があるので入ってみた。丸の内店、木場店は行ったことはあるが、こちらは初訪になる。
入口券売機でタンギョウ880円の食券を買いカウンターに着席。丁度目の前で野菜が炒められ、中華鍋から凄い炎が立ち上る。暫くして、ショウガ入れますかとのコールがあったので、お願いする。
7分ほどで野菜山盛りの丼が登場。
スープは茶濁がかり、豚骨の旨みはライト。以前に丸の内店や木場店で食べた時はもっと濃厚な豚骨だったように憶えているが、本店の方がライトなのだろうか。
麺は浅草開花楼製の平打ち太麺。茹で加減は丁度良くモチモチで良好。なかなか旨い麺だ。
野菜はモヤシが70%。後は白菜、ニラ、ニンジン、小松菜、コーンなどでシャキシャキ感は良好。げそ、ブタ肉、かまぼこはかろうじて一切れずつ。
餃子は普通サイズが6ヶ。POPに従い何もつけずに食べてみると、餡の味だけで結構イケル。
麺と具、餃子を完食。スープは1/3残して終了とした。
スープがパワーダウンした感じの一杯。支店もあちこちに増え、質の維持も大変なのだろうが、本店だけは別格であって欲しいように思うのだが。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件
73

「潮ラーメン」@爛々亭の写真12.12.6(木)19:00 夕食にこの店を訪問。名古屋では貴重な家系ラーメンの店だ。
店内はコの字カウンター15席。先客3名、後客1名。店のテントと同じオレンジ色のTシャツを着たベテラン店員が2名。店内POPで冷凍ではなく生の豚骨から出汁をとっていることを激しくアピール。
家系のラーメンは爛々亭 大曽根店で食べたので、違うのは無いかとメニューを探す。潮ラーメン800円というのを見つけ店員に聞くと、豚骨白湯3割、魚介出汁7割の塩ラーメンだとのこと。この店は前払い制なので、先に料金を支払う。
5分ほどで丼登場。
スープは白濁し、豚骨の旨味はまずまず。魚介は弱めでマグロを感じる。他にホタテ、カツオを使用とのこと。塩分濃度はやや高めだが許容の範囲。総じて塩分高めの和風豚骨といった感じ。
麺は低加水の細麺。博多ラーメンのような麺だ。固めでたのんだので、茹で加減は良好。好み的には外れの感じ。麺量は150gくらい。
具はチャーシュー、ウズラ卵、ミズ菜、ワカメ、ネギ。チャーシューはジューシーで秀逸。チャーシュー増しをしたいくらいだ。ウズラ卵は3個で半熟っぽく良好。ミズ菜、ネギは清涼感をプラス。ワカメはいらない感じ。
塩分高めの和風豚骨ラーメン。800円払うなら、普通の家系らーめん700円の方がお薦めのように感じた。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚タンメン」@濃厚タンメン 塩力の写真11.3.19(土)300採点目ということで、何処に行こうか迷っていたが、近場のこの店を選択。地震で臨時休業している店も多い中、ちゃんと営業していてくれた。
濃厚タンメン650円を注文。10分弱で野菜が山盛りの丼が登場する。
スープは塩豚骨、濃厚と言うほど濃くないが、力強い塩味が食欲をそそる。野菜はシャキシャキ感がある炒め具合が良い。
麺は太麺。噛みごたえがあり、少々口の中でモソモソする。もうすこしズルズルとすすれる麺の方が良いように思う。
麺と野菜を合わせたボリュームは結構なもの、だんだん飽きぎみになってくるが、卓上のニンニクの力を借り完食した。
トナリ 丸の内店を強く意識しているようだが、濃さでは、明らかにトナリの方が濃厚。どちらかと言えばトナリの方が好みかな。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「塩とんこつラーメン」@春日井ラーメン 楽喜の写真10.12.21(火)同僚と昼食に入店。店内は8割ほどの入り。塩とんこつラーメン700円を注文。スープはショッパ目で豚骨はかんじるのだが、なんだかシャバシャバしていて深さを感じない。麺も細麺平打ちで、多加水麺で少々変わっている。かんすい、だろうか少々味に違和感を感じた。チャーシュー、煮たまごは丁寧な仕上げで旨かった。梅干しは、結構しょっぱい。もっと薄味でさっぱりしている梅干しならわかるが、この梅干しは全くのミスマッチ。
元祖春日井ラーメンとメニューにあるが、何のこといやら、さっぱりの一杯だった。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃんぽん」@長崎ちゃんぽんの写真10.11.6(土)14:00溝口近辺開拓第2段で246沿いのこの店に入店。昼時を過ぎているというのに、結構混んでいて、次々と客が入ってくる。ちゃんぽん850円を注文。白濁したスープはさっぱりしていて動物系のダシは控えめ、。野菜と魚介の旨み、少し強めの塩加減が食欲をそそる。麺は中太ストレート、柔らかめなのが少々残念。具は大量の野菜、かまぼこ、竹輪。えび、アサリ、ゲソと惜しみなく入っていて、食べ応えがある。CPが高く、客が多いのもうなずけた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「タンギョウ」@トナリ 丸の内店の写真10.06.18(金)20時到着。15名ほどの行列で30分ほど待って入店。タンギョウ(タンメンとギョウザのセット)880円を注文する。先に出たギョウザを食べ終わるころに、野菜がてんこ盛りの丼が登場した。野菜のシャキシャキ感はなかなか良い。スープはさっぱりした豚骨でクリーミーな甘みがあり旨い。具には野菜の外にゲソやカマボコが入っており、スープから言ってもタンメンというよりはチャンポンのように思える。量もかなりのもので、この場所でこの値段はかなり高CPだ。久々に満足の一品だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件