なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 78.998点
最終レビュー日 2019年9月20日
2,378 1,701 1 24,820
レビュー 店舗 スキ いいね

「台湾まぜそば」@つけ麺・ラーメン フジヤマ55 名駅店の写真13.8.28(水)19:00 久々に55グループのこの店を訪問。店内は一直線のカウンター11席。開店から1年少々にしては、だいぶ年期が入っている。おそらく前の店の内装のままなのだろう。厨房は大きく、大きな寸胴が置かれているので、セントラルではなさそうだ。
券売機をみまわし、台湾まぜそば800円の食券を購入。大盛か普通盛り200gかを聞かれ、普通盛りを注文。普通盛りの場合はライスサービスもあるとのことでお願いする。
5分ほどでIHヒーター用の金属製容器に入ったまぜそばが登場。この容器はいつみても味気ない。
中央に魚粉がのった肉ミンチと卵黄。まわりをニラ、モヤシ、ネギ、海苔、ニンニクが囲む構成。
丼の底にはトロリとした豚骨ベースのタレ。確りとした旨味が食欲をそそる。
麺はモチモチの太麺。茹で加減良好で
全体を良く混ぜ食べると、肉ミンチ適度な辛さと、ニラ、モヤシのシャキシャキ感が加わり旨い。
味変グッズは山椒、白ごま、マヨネーズ、カレー粉。少しずつ全種類ためしてみる。山椒は香が良くなり良好。白ごまは想像通り。マヨネーズは意外に良く合う。カレー粉は一番好みだった。
麺を食べ終わり、残った具にカレー粉を入れライスを投入。旨い雑炊で〆る。
4種類の味変と〆の雑炊で結構たのしめる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「赤ラーメン」@麺家りょうま 雅堂の写真13.8.25(日)13:30 夏バテかあまり食欲が無かったが、昼飯を近場ですまそうと、雨の中、豚骨ラーメンのこちらを訪問。先客5名とまずまずの入り。券売機を眺めると、すべてセットメニューでラーメン単品が無い。店員に聞くと、銀シャリとラーメンのセットの食券を買って、銀シャリはいらないと言ってくださいとのこと。なんか、損した気分。赤ラーメンと銀シャリセットの食券700円を買い、銀シャリ抜きにしてもらった。
数分で丼が登場。中央に辛肉ミンチがのり、まわりをニラがかこむ予想外の台湾ラーメンスタイル。
スープはてっきり豚骨ベースだと思っていたら、シンプルな醤油ベース。ダシ感もあまりなく薄っぺらい。肉ミンチが溶けると若干辛くなるが、ピリ辛程度。
麺は中細麺でごく普通。量は130g位だろうか。
サクッと完食。
後から来た客も自分と同じ質問をしていた。ランチタイムはライスサービスなら納得なのだが、餃子とラーメンのセットもあるから、そういう分けにもいかないのだろうか。何れにしても、何だか分かりにくいシステムだった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「快老麺 (大)」@総本家 好来道場の写真13.8.24(土)12:15 名古屋のご当地ラーメンの中では一番気に入っている好来系の総本山を訪問。目的は、また食べたかった快老麺だ。
店内満員で中待ち10人。入口の券売所で快老麺大盛1000円を買い、プラスチックの札をもらい待合席で座って待つ。カウンター内は相変わらず、老夫婦と弟さんの3人態勢。4つに仕切られた笊で4人分ずつ麺を茹でていく。
30分ほど待って自分の丼が登場。大判のトロロ昆布が丼を覆ういでたち。トロロ昆布をめくって写真撮影。心なしか以前より昆布が薄くなったような気がする。
スープは秘法和漢根菜汁。薄味だがじんわりと奥が深いなんとも言えない味わい。秘法和漢根菜汁については前レポ参照 http://ramendb.supleks.jp/review/779216.html
麺は中太でモチモチ。スープに良くあって旨い。量は200g超。麺箱を見ると島田製麺と書いてある。
具はトロロ昆布、海苔、チャーシュー、メンマ。トロロ昆布はスープを吸って麺に絡みつき旨さ倍増。ただ、以前より薄くり量が少なくなったのが残念。チャーシューは3枚。7mm位と厚く食べごたえがある。薄味で肉の旨味を感じ良好。メンマは材木状でシャキシャキ。
高麗人参酢とニンニクパウダーを投入すると旨さアップ。
麺と具を完食。腹が一杯になったのでスープは2/3ほど飲んで終了とした。
じんわりと優しい味わいの好来系ラーメンに大いに満足。また寄らせてもらいます。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 4件

「エビ辛つけ麺」@一番舎 北店の写真2013.8.23(金)18:30 今年3月開店の一番舎の4号店を訪問。店は国道沿いの一軒屋。派手な看板が目をひく。店内はカウンター8席とテーブル2卓の8席。店の奥にはガラスで仕切られた製麺室があり、白い調理服にマスクの店員が麺を打っている。この他にねじり鉢巻きの店員がカウンター内に4人。先客7名、後客2名。
ビール、餃子、エビ辛つけ麺850円を口頭注文。麺は普通200gと大盛300gが同料金とのこと。大盛を注文する。ビールと餃子が先に提供され、餃子を食べ終わる頃つけ麺が登場。
麺は超多加水自家製(POP表記通り)。角ばった平打ちの太麺で、食感は固め。超シコシコでツルリとしたのど越し。モッチリ感が無いのが少々残念。他店舗では林製麺の麺を使っていたのだが、この店舗だけ自家製麺なのだろうか。
つけ汁はどろりとした豚骨。少々甘めだが豚骨の旨味は良好。エビから辛味が溶けだし、食欲をそそる。
具は麺の上にチャーシュー、メンマ、海苔、ホウレンソウ。つけ汁の上にエビ辛、ナルト。チャーシューは薄切。脂っぽくてもう一歩。メンマは細くシコシコ。海苔は小さ目で普通。エビ辛は小エビをラー油で炒ってあるのだろうか。香ばしいエビの香とカリっとした食感のアクセントが良好。
途中で酢を投入し麺と具を完食。スープ割は卓上ポットからのセルフスタイル。満腹になったので飲まずに終了とした。
つけ汁と麺の相性がもう一歩の感じの一杯。次のチャンスがあれば汁そばを頂いてみたい。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「ゆず冷やし麺」@麺屋 こうじろうの写真13.8.22(木)12:30 名古屋の気温は今年一番の38℃。茹だるような日差し中この店を訪問。迷わず、夏季限定のゆず冷やし麺800円と大盛50円の食券を購入した。
10分ほどでキンキンに冷えた丼が登場。
スープは良く冷え、醤油ベースに柚子が良く効いて爽やか。スープだけ飲むとかなり酸っぱいが麺を食べると丁度良い酸味。
麺はエッジが効いた中太麺。氷水でしめられていて、ヒエヒエなのがありがたい。食感はシコシコで良好。麺量は330g
具は麺の上に水菜、ネギ、メンマ、揚げ玉、チャーシュー。メンマは味薄めシナシコの食感が良好。揚げ玉はカリカリ。チャーシュー細切りはまずまず。
丼に添えられた、カラシを麺につけると、良くあって食欲アップ。量はチョッと自分には多かったが、完食。酢を補給して、こころなしか、体がスッキリしたように感じた。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「羊肉麺」@中華そば 中村屋 東桜店の写真13.8.7(水)20:00 新メニューの羊肉麺を食べにこちらを訪問。広い店内は先客4人、後客7人とまずまずの入り。券売機で羊肉麺640円の食券を購入。店内自動販売機で発砲酒150円も買いカウンターに着席。店員がキンキンに冷えたジョキを出してくれたので、ビールを注ぎ、飲みながら待つ。
7分ほどで丼が登場。
白濁したスープは動物系の旨味がまずまずで豚骨醤油のような味わい。カエシの濃さも丁度良くシツコク無い。しつかりとしたコクがあり、臭みもなく、結構旨い。店員に聞いてみるとダシは羊と牛骨だそうだ。
麺は白っぽい細麺ウエーブ。茹で具合は固めでシコシコの食感が良好。小麦感もあり好みの味だ。量は140g位か。
具はチャーシュー、キクラゲ、ネギ、ゴマ。チャーシューは羊肉で2枚。歯ごたえ確りで、少々羊臭く苦手な人には向かなそう。キクラゲは量多く、シコシコの良い食感。ネギも多め。
途中で飽きてきて紅ショウガ欲しくなるが、卓上に無くそのまま完食。ニンニクも合いそうな感じだが卓上には無かった。
珍しい羊肉麺にまずまず満足。話の種に1回食べてみても損は無いだろう。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件

「ざる中華」@中華そば 三戒の写真13.8..5(月) 21:00 ビアガーデンで暑気払いした帰り、〆の一杯を食べにこちらを訪問。なんでも寿司屋が始めたラーメン屋らしい。店は飲み屋がひしめくビルの1階。入口を入ると細長い店舗の右にテーブル6席、左にカウンター6席。奥の厨房は暖簾で仕切られその様子をうかがうことはできない。先客、後客は無く寂しい。
テーブル席に座りざる中華600円を注文。程なくして丼が登場。
麺は中細ウエーブ。茹で具合はジャストでシコツルな食感でのど越し良好。量は130g位か。
つけ汁は醤油ベースに確りとしたカツオ出汁。心地よし酸味が食欲をそそりサッパリとして好みの味だ。
具はチャーシュー、味玉、海苔、薬味のネギ、ショウガ。チャーシューは小さ目なのが2枚。ほろほろと崩れるほど柔らかく、確りとした味付けが良好。味玉は固めの半熟加減でまずまず。薬味のショウガがつけ汁に良くあう。
ツルツルと麺をすすり完食。これは、汁そばも試してみたいなと思わせる一杯だった。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「あじ玉汐そば」@らぁ麺や 汐そば雫の写真13.8.4(日)12:00 千種の店舗から11ヶ月ぶりに移転再オープのこちらを訪問。堀田駅からジリジリと太陽が照りつける中、汗だくになりながら住宅街を進むと、ビルの1階に店を発見。店内はカウンター11席。カウンターの後ろは小あがりがあるが、お祝いの蘭の鉢や食材が置かれている。カウンター内は店主と奥さん?の2名。カウンター外に応援だろうか接客の男性が3名もスタンバイ。店内は8割くらいの客入りでなかなか繁盛している。
券売機であじ玉汐そば830円とごはん100円の食券を買いカウンターで待つ。7分ほど丼登場。
スープは鶏の旨がまずまずで魚介が確りと下支え。表面にしつこくない程度に鶏油が浮き旨さをプラス。塩のとがりはなく、優しく奥深い味わいでこれは旨い。無化調だというが物足り無さは感じさせないできだ。千種で食べた時よりも確実に進歩しているように感じた。旧店舗レポ参照 http://ramendb.supleks.jp/review/699468.html   
麺は白っぽい中細ストレート。湯で加減はやや硬めでシコツルの食感。麺味がスープとよく合いなかなか旨い。伸び足も遅く最後までシコシコの食感を楽しめる。麺量140g位か。
具はチャーシュー、穂先メンマ、味玉、ネギ。チャーシューは大判が1枚。確りとした旨みで良好。穂先メンマはシナシコの食感。味玉は少々柔らかめで味薄め。黄味がスープに流れだすのは少々マイナス。
麺と具を完食。残ったスープにご飯を投入して美味しい雑炊で〆める。
優しく奥深い味わいの塩ラーメンに大いに満足。次回はオープン限定メニューの汐担々麺を食べに伺いたい。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「梅しそ鶏冷やしらぁめん」@麺屋 一八の写真13.8.3(土)18:00 夕食にこちらを訪問。店内は先客4名、後客無と少々寂しい。券売機で夏季限定の梅しそ鶏冷やしらぁめん860円の食券を購入。カウンターで待つと10分ほどして丼が登場。丼の上には清涼感あふれる具材がちりばめられ、見るからに涼しげだ。
スープはキリリと冷えた塩味。鶏ダシはうつすら、節系の旨味が口の中にふわりと広がる。塩分濃度も丁度良く、スッキリ、サッパリとした旨いスープだ。
麺は自家製の細麺。シコシコの食感で良好。量は130g位か。
具は鶏ミンチ、山クラゲ、オクラ、オイルサーディン、胡瓜、白髪葱、おろし大根、梅しそペースト。鶏ミンチは大粒で旨い。山クラゲはコリコリした食感が良好。オイルサーディンは鰯の臭みが無く旨い。その他は夏らしい清涼感を演出。
梅しそペーストはスープに混ぜないまま完食してしまった。後からこれだけ食べたら、当たり前だがかなり酸っぱい。途中で少しずつ混ぜながら食べるのが正解だったようだ。
夏らしい清涼感あふれる一杯に大いに満足。突き抜け感こそなかったが、店主の腕の確かさを感じさせてくれる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「辛〇らーめん」@たかいちの写真13.7.31(水)18:30 近場でまだ未訪だったこちらを訪問。和風豚骨を店名に謳う店だ。店内はL形カウンター13席。店の中はこぎれいで清潔感がある。店員は黒Tシャツ男性店員が2名。先客は無く、後客3名。メニュをながめると坦々麺もあるが890円もするのでパス。辛〇らーめん790円を口頭注文する。
5分程で丼が登場。
スープはサッパリとして、豚骨の旨味はそこそこ。魚介も仄かに効いている。
麺は加水高めな細縮れ麺。シコシコの食感が良好。麺量は140gくらい。
具は辛ミンチ、海苔、チャーシュー、メンマ。辛ミンチはひき肉を唐辛子と豆板醤で炒めたもの。スープに辛さをプラス。チャーシューは薄いのが3枚。炙りが入りなかなか旨い。メンマはシナシコ。
麺と具を完食。底のひき肉をすくいながらスープを半分ほど飲んで終了とした。
和風豚骨な一杯にそこそこ満足。次があれば坦々麺を食べてもいいかな。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件