なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 79.022点
最終レビュー日 2019年10月19日
2,399 1,714 1 25,180
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】キーマ風カレー(S/ビーフカツ)辛牛キーマ風移行」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年10月上旬  【10月限定】キーマ風カレー(S/ビーフカツ)辛牛キーマ風移行
神無月の限定を食べに麺友さんらと此方を訪問。
いつものように一杯飲んだ後に標題の一杯が登場。
カレーはとてもまろやかで旨い。カレー自体はほとんど辛く無いが、上にのる牛挽肉が大辛の味付け。カレーに強烈なパンチを加えてくれる。
赤いトマトソースは酸味をプラス。
牛カツはレアーな揚げ具合で極旨。
麺は平打ち中細麺でカレーが否応無く良く絡む。量は150g。
終盤は温玉を投入マイルドに味変。更にキャベツを投入し食感の変化を楽しむ。
腹パンになったが最後はやっぱりご飯。少しだけにしたが流石に旨い。
満腹でフィニッシュ、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 35件

「手作り牛脂で和牛和え蕎麦トマトを添えてS 和牛増し増し」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年9月下旬 【限定長月】手作り牛脂で和牛和え蕎麦トマトを添えてS 和牛増し増し
長月の限定を食べに此方を訪問。
いつものように旨いつまみでタップリと飲んでヘベレケになった所で〆の一杯が登場。
何と言ってもA5ランクの和牛がメチャ旨でナムルに巻いてコチジャンをつけて食べると酒が進む。
ナムルや野菜類もサッパリとして良いつまみになる。ここまでは酒のつまみにし〆は牛脂の和え蕎麦。牛脂の上品な塩ダレで和えてあり粒山椒や粉山椒も良いアクセント。コチジャンを投入するとパンチアップし個人的には大嵌り。250gとボリューム満点の麺に苦しみながら完食。〆のライスも少し頂き腹パンでフィニッシュ。毎度極上の一杯、ご馳走様でした。
家に帰って横になっったら夕方まで熟睡してしまった。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 35件

「【限定】稚加榮明太子粒子和え蕎麦B」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年8月上旬 【限定】稚加榮明太子粒子和え蕎麦B 2000円
葉月の限定を食べて麺友さんと訪問。この日からは稚加榮の明太粒子では無く別の明太子と海老の和え蕎麦が提供される予定だったが、大将のはからいで稚加榮明太子粒子を食べさせて貰えた。有難うございます。
まずはメンマをあてにビールで乾杯。飲み終わった所で標題を注文すると程なくして丼が登場。
麺の上に稚加榮明太子粒子、鶏チャーシュー、糸賀喜、クラゲ、酢蓮、ワカメ、玉ねぎ、大葉、豆苗、ハジカミが乗る構成。別皿で味変用のタルタルソースがつく。
麺は太麺縮れ麺。熱々でモチモチ。旨味タップリなタレが絡んで旨い。
タレは先レポによると八正醤油を使った魚介出汁のようだがその旨味は半端無い。
稚加榮の明太粒子は思ったほど辛くなく上品な味わい。さすが、現地に仕入れに行かないと買えないと言う高級料亭の逸品だ。
全体を良く混ぜて食べると、明太メインに他の具材が様々な味と食感のハーモニーを奏で箸が進む。
中盤からはタルタルソースソースを投入。安っぽいマヨネーズ感は無くマイルドな玉子の旨味が加わり一気にフィニッシュ。
〆は卓上のポットから出し汁を注いで明太スープを楽しみフィニッシュ。
今日も極上の一杯、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 35件

「和牛タン先カレー B 和牛ハンバーグ乗せ」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年5月中旬 和牛タン先カレー B 和牛ハンバーグ乗せ2000円+粒山椒入り胡麻~ユ200円
この日は皐月の限定を食べに麺友さんらと此方を訪問。限定の有無を大将に確認してから標題の食券を購入。
メンマとほうれん草のおひたしをつまみで一杯やったあと標題を発注した。
カレーは牛骨スープをベースにしたものでそれ程辛くなく大将曰くH(ヘタレ)仕様。此れでもかと言う程の半端ない旨みに野菜などから出た優しい甘味が加わる極上の味わいだ。
麺は太麺ウエーブ。モッチリとした食感でカレーに良く合い旨い。
具はタン先、和牛ハンバーグ、水菜、ネギ。タン先はほろほろと箸で崩せる程の柔らかさ。これ程柔らかくて美味しいタンを食べるのも初めてだ。和牛ハンバーグはつなぎを少なくした肉々しい確りとした食感。濃いめの味付けでカレーに負けないインパクトが感じられた。水菜は清涼感があり良い箸休めになる。
途中から胡麻~ユを投入すると、胡麻の旨みが加わり旨さアップ。ニンニクや山椒のアクセントも素晴らしく箸が進む。
麺を食べ終わった後はお決まりのライスドボン。此れは間違いなく旨い。
最後にルーが少し残ったので割スープを投入して旨いカレースープで大満足のフィニッシュ。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 35件

「【限定】PIG's FOOT(ジャンク&コラーゲン)」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年4月下旬 【限定】PIG's FOOT(ジャンク&コラーゲン)1200円
麺友さんらと4月の限定を食べにこちらを訪問。まずはフキノトウとタラノメの天ぷらで一杯。前日飲み過ぎたので皆さん元気が無くピッチが上がらない。と言うことで早めにラーメンを注文。
スープは濃厚な豚清湯。キリッとしたカエシに豚の旨みが半端なく押し寄せる極旨なスープだ。
麺は平打ち気味の中太麺。プリプリとして美味しい。
具は豚足、メンマ、紅ショウガ、ネギ。何と言っても特大の豚足が凄い。焼酎で煮込み臭みを消し手間暇かけて6時間煮込んだそうで、全く嫌味が無くプルンプルンのコラーゲンが楽しめる極上の逸品だ。此れを食べられただけでもこの日来た価値がある。紅ショウガはサッパリとして口直しに効果絶大。
ラストはライスドボンで大満足のフィニッシュ。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 35件

「追い炊きみつせ鶏 塩 S」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年3月上旬 追い炊きみつせ鶏 塩 S 2000円
この日は麺友さんらと此方を訪問。
何時ものように先ずは極上のつまみで一杯。良い気持ちになった所で標題を注文。
スープはぶつ切りみつせ鶏を生から追いだきしたもの。鶏の旨味が半端無く濃厚。嫌味な所は全くなく極上の旨さだ。
麺は細麺でしなやか。スープに良く合い旨い。
具は鴨の治部煮、みつせ鶏ぶつ切り、メンマ、モヤシ、水菜、キクラゲ、ネギ、温玉。鴨の治部煮は柔らかくジューシー。みつせ鶏は確りと締まった肉の中に旨味が詰まり極旨。
肉の量が半端無いので、麺と具を食べた時点で腹がパンパン。
残りスープにご飯と温玉を投入して極旨雑炊で〆てフィニッシュ。
今日も極上の一杯、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 35件

「【如月限定】和牛スジ肉にて 横浜タンタン風 大辛」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年2月上旬 和牛スジ肉にて 横浜タンタン風 Bスジ肉増量1500円+ゴマ~ユ150円、チャンジャー200円、活殻牡蠣350円
麺友さんらと2月の限定を食べに此方を訪問。まずはあてに餃子を出してもらいウーロンハイで乾杯。皮がモチモチで中の餡もたっぷりでニラが効いて極旨。これだけで大満足だ。
次に標題の横浜タンタン風を注文。辛さは普通、大辛、メチャ辛から選べるので大辛にした。
先に牡蠣と味変用のゴマ~ユ、チャンジャが登場。牡蠣は割り箸の長さ程の特大サイズ。つまみにしてぺロリと平らげた。これが350円は出血大サービスではなかろうか。
続いて真打ちの横浜タンタン風が登場。溶き卵スープにラー油がはられ、和牛スジ肉やネギが中央にのる構成。
スープは牛の旨味満点。辛さは大辛と言えどもそれほどではなく普通の担々麺程度。あまり辛くしてしまうと味が分かりにくくなる人もいるからと大将が配慮したそうだ。チャンジヤーやゴマーユを入れると辛さとともに複雑な旨味が加わり何とも奥深く旨いスープに変化する。この味変グッズは是非加えるべきだ。
麺は平打の中太麺。ツルリとした麺肌でスープも良く絡み旨い。
具は牛スジ肉、メンマ、豆苗、ネギ。牛スジはスジと言うより切り落としのような上質の肉。これでもかと言うくらい沢山入っている。
麺を食べ終わったところでご飯を投入。旨味満点のクッパ風雑炊で〆て腹パンでフィニッシュ。
極旨な一杯に本日も大満足、ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 35件

「【睦月限定】サラリ鶏カレーS」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年1月中旬 【睦月限定】サラリ鶏カレーS 2000円(別煮みつせ鶏ぶつ切り乗せ+揚げたてFlesh胸カツ2枚)
この日は睦月の限定を食べに麺友さんらと此方を訪問。限定の有無を大将に確認してから標題の食券を購入。鶏のぶつ切に鶏カツ2枚はキツそうだったが遭難しそうな時は誰かにパスする作戦だ。
いつものように極旨なつまみで一杯やったあとに標題を発注。
スープは軽いトロミのカレ-味。辛さは控えめでナチュラルな甘みがある。驚くほど鶏の旨味が強いがシツコサは無く極上のカレースープだ。鶏白湯をベースに挽肉も加えて旨味を出し、甘みは玉ねぎやニンジン、鶏肉から自然に出たものだそうだ。
麺は中太ストレート。シコシコな食感でスープと良く絡み旨い。量は250gだそうだ。
具はみつせ鶏ぶつ切り、鶏カツ、青菜。みつせ鶏ぶつ切りは骨付きの部位。柔らかで肉の旨味満点。そして特筆は鶏カツ。サクサクで胸肉なのにパサツキが無くしっとり。肉の濃い旨味とほんのりとした甘みが感じられる。こんなに旨い鶏カツを食べたのは初めて。2枚ペロリと食べてしまった。
鶏のぶつ切りを1個をJさんにパスさせてもらい、残りの固形物は完食。〆のご飯をチョコットだけ楽しんで腹パンパンでフィニッシュ。極旨な一杯、ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 35件

「【新春限定】丸地鶏黄金スープにて 海老塩 海老蟹雲呑麺」@MENYA 食い味の道有楽の写真2019年1月3日 【新春限定】丸地鶏黄金スープにて 海老塩 海老蟹雲呑麺(ランクアップ)2000+500円、和牛刺し1500円
新春の限定を食べに麺友さんとこちらを訪問。9時過ぎの到着でシャッターズ12名に接続。麺友さんらが持参した日本酒やワイン等を飲みながら待っていると、激旨の丸腸の煮込みがふるまわれ、更にお酒が進む。
何時もより早めに店が開き4種類ある限定の中から標題の食券を購入した。暫し待合席で待機してからカウンターに昇格。500円を添えてランクアップをお願いする。和牛刺しが単品でオーダー出来ると言うので即注文。トロケルような柔らかな肉でこれは激旨。
和牛刺しを食べていると特大の伊勢海老半身がのった丼が登場する。
スープは丸地鶏の清湯スープ。カエシは醤油かと思うような色と力強さだが標題にもある通り塩。鶏をベースに海老油や海老蟹雲呑からしみ出した旨味が加わり旨味満点。
麺は平打中太麺。モチモチとした存在感がある麺でスープと良く合い旨い。
具は伊勢海老、海老蟹雲呑、チャーシュー、メンマ、小ネギ。何と言って伊勢海老が凄い。特大サイズで身も厚く食べ応え満点。朝さばいて生から煮たそうで鮮度抜群。上品な甘みがあり極旨だ。雲呑は5個。こちらも甲殻類の旨味満点。チャーシューも厚くボリューム満点で旨い。
新年早々素晴らしい一杯を食べさせて頂きご馳走様でした。今年もまたお世話になります。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 35件

「【師走限定】活 大牡蠣 蕎麦(light煮干し八正返し)S」@MENYA 食い味の道有楽の写真2018年12月中旬 
活 大牡蠣 蕎麦(light煮干し八正返し)S 活牡蠣2個、ミディアム天婦羅2個、大海老天婦羅1本 3000円
師走の限定を食べに麺友さんらと此方を訪問。生牡蠣が食べられると言うことで日本酒も持参し忘年会も兼ねての開催となった。
まずは大皿に盛りつけられた天婦羅が登場。殻に乗った特大の牡蠣と大海老、にんじん、サツマイモ、ナス、シシトウの布陣でそのボリュームは圧巻。牡蠣は陸前高田の広田産の30ヶ月物でこんな大きな牡蠣は見たことが無いと言うほどの特大。衣はからりとシツコク無く中はミディアムな見事な仕上がり。熱が入る事で旨みが濃縮され濃厚な味わいに心を掴まれる。大海老も新鮮で海老の旨み満載。にんじんも驚くほど甘くて旨い。これほど贅沢な天婦羅を食べたの初めてだ。天婦羅と日本酒の写真はpotiさんのレポを参照ください。(https://ramendb.supleks.jp/review/1197598.html#comment
暫くは天婦羅で一杯やり少しインターバールを取って〆の麺と活牡蠣が登場。
スープは鶏を土台にしたライトなニボ。ニボ油も浮き八正醤油がビシリと効いてこれは好みの味わい。大将がおっしゃる通りニボニボさせないライトなバランスが絶妙。
麺は中太の平打ち縮れ。モチモチとした存在感がある麺で八正醤油のパンチが効いたスープにジャストマッチ。
具は牡蠣、鶏チャーシュー、メンマ、小松菜、ネギ。牡蠣は前述した特大の30ヶ月もの。ラーメンのスープでシャブシャブビして食べると堪らん旨さ。鶏チャーは鶏の旨みが濃厚に感じられる逸品。これも旨い。メンマはシナシコ。メンマの味付けに使った唐辛子が一本紛れ込んでいたのはご愛敬。小松菜はシャキシャキして良い箸休めになる。
寝坊で欠席した人の分の天婦羅も分け合って食べたのに、全く重さを感じず余裕で完食。いつもながらもの凄い一杯、御馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 35件