なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 79.023点
最終レビュー日 2019年10月21日
2,400 1,715 1 25,204
レビュー 店舗 スキ いいね

「貝塩らーめん」@鮮魚麺 海里の写真2017年8月中旬 ABRIに続いてこちらを訪問。場所が分からずうろうろしていると、20人超の行列を見つけてビビったが大河という有名店の行列だった。この店も店員募集のポスターを見ると大河の名前が入っていたので系列店のようだ。
こちらは行列までとは行かないが店内満員で少し待って入店。店内はL型カウンター10席。中年男性と女の子の2名体制。貝塩らーめん850円を注文。カミサンは限定15食の冷やしもずくらーめん850円を麵半分で。
程なくして丼が登場。
スープは貝出汁の清湯塩。貝はアサリメインで色々と使っているよう。ジーンとくる貝の出汁はなかなか良いのだが、塩ダレの影響かほのかに甘い後味が残り塩分濃度も低め。やや輪郭がぼやけているように感じられ、好みからは外れた印象。
麵は細麺ストレート初めは固めなシコシコの食感だが伸びるのが早い。量は140gくらいか。
具はアサリ、白髪ねぎ、三つ葉、ゆず。アサリは11個。身の味はまずまず。三つ葉、ゆずが良いアクセント。
サクッと麵と具を完食。御馳走さまでした。
ちなみに冷やしもずくらーめんは能登産の岩もずくが旨くスープもシャープな貝出汁。こちらはお勧めレベルの旨さだった。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「のどぐろ煮干しらーめん」@Ramen&Bar ABRIの写真2017年8月中旬 石川県に足跡を残したく、のどぐろ煮干しの一杯を食べにこちらを訪問。店は香林坊という金沢の繁華街の中。ホテルも近くにあり立地は良い。店内はカウンター4席とテーブル8席。30くらいの若い女の子が一人で切り盛り。かなりテンパッテいるようで、店にはいるなり、「お時間かかりますが良いですか。」と声がかかる。良いですよと声をかけテーブル席に着席。のどくろ煮干しらーめん(
塩)780円とのどくろだしのおでん盛り合わせ850円を注文。カミサンはのどくろ煮干し中華そば(醤油)780円を注文。
先におでんが提供さ、おでんを食べながら待つと20分ほどして別皿の具と丼が登場する。
スープはのどぐろ煮干し100%の出汁に珠洲の塩と薄口醤油と昆布の特製タレをあわせたもの。初動で少し甘味を感じたが直ぐに気にならなくなり、のどぐろがブワリと広がる。塩加減も丁度良く円やか。スープにのるのどぐろの粉末を溶かすと、更にのどぐろ感がアップ。上品なうえに力強さもある旨いスープだ。
麵は細麺ストレート。つるりとしてしなやかな食感。スープと良く絡んで旨い。量は140gくらいか。
具は別皿でチャーシュー。メンマ、白髪ねぎ、とろろ昆布。チャーシューは低温調理タイプでハムのよう・厚みも十分で旨い。白髪ねぎは量も多くスープに良く合う。とろろ昆布は麵と絡めて旨さアップ。
サクッと完食。御馳走さまでした。
ちなみに、醤油の方は鶏節も加わっているそう。カエシとのどぐろ出汁のバランスも良く此方の方がより好みに感じた。
なお、おでんは関西風の薄口の汁で煮込まれていてさっぱりと旨い。具材からの旨みがしみ出したスープはメチャメチャ旨かった。次回はおでんで一杯やりたいものだ。

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件