なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 79.023点
最終レビュー日 2019年10月21日
2,400 1,715 1 25,204
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギラーメン(中)」@ラーメンショップ 川崎店の写真2019年9月中旬 ネギラーメン(中)780円
一ノ関から気仙沼に向かう道中に赤いテントを見つけてネギをキメたくなり訪問。
うまいうまいラーメンショップ加盟店証明書が壁に貼ってあり、卓上にラーメンショップ椿の粗びき唐辛子と言う瓶があるので東北では希少な椿食堂系のようだ。
店内はかなり年季が入っているが小ぎれい。席数は厨房を囲むL型カウンター9席とテーブル8席。中年の店主さんと奥さんの二人で切盛りしている。11時頃と早かったので先客1名、後客1名。
券売機で1.5玉とあるネギラーメン(中)780円の食券を購入。ちなみに小は1玉で680円。
7分ほどで大きめな丼が登場する。
スープはシャバい豚骨醤油。豚骨の旨みはまずまずだが化調と思しき雑味がひっかかる。
麺は中細縮れ。ムニュムニュと柔らかめな茹で加減が惜しい。
具はネギ、チャーシュー、海苔。ネギは辛味が無く醤油ベースのショッパめな味付け。チョット期待していたのとは違っていた。チャーシューはバラと肩ロース。薄いが、ホロヤワで旨い。海苔も質良く旨い。
麺がなかなか減らないので1玉何gか聞くと普通の1.5倍くらいだとの答えが返ってきた。とすると1玉210gくらいだろうか。1.5玉だと315g。どうりでなかなか減らないわけだ。
カウンター高台にワカメと漬物がおいてありラーメンに投入し目先を変える。更に卓上のおろしニンニクと粗びき唐辛子で味変してなんとか固形物を完食。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件
78

「冷風麺」@マルカンビル大食堂の写真2019年8月上旬 冷風麺 780円
衣正家の後、未だお腹に余裕があったので、気になっていた此方を訪問。
2016年6月マルカン百貨店の閉店に伴い惜しまれつつも閉店したが、復活を願うファンがクラウドファンデイングで資金を集め2017年2月に奇跡の復活を遂げたそうだ。この出来事は東北では大きなニュースとして取り上げられた。
マルカンビルに入りエレベーターで6階に上がるとフロア一全体が大食堂になっていておどろく。その席数はなんと560席。先客は200人くらいだろうか、花巻市内ではほとんど人影は見なかったがここだけは別世界のように賑わっている。自分も子供の頃デパートの食堂に連れて行ってもらった事を懐かしく思い出した。
メニューは無くショーウインドウのサンプルを見て冷し中華らしい標題の食券を購入。食券は自動販売機ではなく、券売所に並んで店員さんから買うシステム。
高さ25cmもある10段アイスクリーム230円が此方の名物だが、1人では食べきれそうに無いので次の機会にとっておくことにした。
空いていたテーブル席に座りウエイトレスさんに食券を渡す。厨房はフロアーの端にあり10人ほどが調理しているのが見える。
混んでるので時間がかかるだろうと思っていたが、意外に早く10分ほどで丼が登場。
麺の上にチャーシュー、筍細切り、シイタケ、錦糸卵、紅生姜、キュウリ、海苔が乗る構成。
麺は細縮れ麺。確りと冷えていてプリプリとした食感。期待以上に美味しい麺だ。
底のタレは甘酸っぱい普通の冷やし中華のタレ。冷たく冷えているので食欲をそそる。
具は前述の通り。甘ジョッパイ椎茸と筍の細切りのシコシコした食感が個性的で面白い。
連食だったがサクッと完食。ご馳走様でした。
昭和の雰囲気が残る大食堂での一杯、スコアー以上に心に染みるものがあった。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件
78

「酸辣湯麺」@衣正家の写真2019年8月上旬 酸辣湯麺 680円
花巻出張時のランチに此方を訪問。宮城テレビのWAZA -MENと言う番組で放送され目をつけておいた、昼はラーメン屋夜は中華料理屋の店だ。
店は道路に面した一軒屋。外見も綺麗でまだ新しそう。店内はカウンター8席とテーブル16席。厨房のご主人と接客は奥さん? 先客5名、後客無し。
メニューを眺め1番人気とある酸辣湯麺を注文した。
5分ほどで丼が登場。
スープは鶏豚清湯醤油でその上に酸辣の餡がかかる。ベースのスープは動物系の旨味も確りとしてスッキリした味わい。
酸辣の餡は溶き卵が多めに入り、キクラゲとタケノコの細切りが少し入りアクセントを加え豆腐も少々。辛さと酸味は意外にマイルド。午前中タップリ汗をかいたので体が強い刺激を求めていたのだろう、少し物足りなく感じた。
麺は加水が高そうな中細麺縮れ。ツルツルと喉越し良い。
卓上の酢を少し加えてパンチアップして麺を完食。スープは1/3ほど残して終了。ご馳走様でした。
次の機会があれば他の客が美味しそうに食べていた冷し鶏そばを食べてみたい。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン」@ラーメン風風の写真2019年6月上旬 タンメン660円
田野畑村出張時のランチで訪問。店は45号線沿いで年期が入った一軒家。何時もはお客さんと同じ敷地内の北川食堂で海鮮丼を食べるるのが定番だが、この日は1人だったので此方に入ってみた。
店内は年期が入ったカウンター9席とテーブル8席。先客4名、後客5名。
中年のご夫婦と思しきご2名で切盛り。厨房には中華鍋や大きな寸胴が鎮座し中華料理屋のようだ。
メニューはラーメン類がメインでチャーハン、餃子、丼物、定食がある。
タンメンを口頭注文すると、奥さんが麺を茹でてご主人がシャカシャカと鍋を振る手慣れた連携であっという間に丼が提供される。
スープは胡椒のパンチが効いた塩味。鶏ガラだろうか動物系の旨味もまずまずで野菜の甘みも感じられる。なかなか美味しいスープだが、胡椒が初めからかなり効いているのは好みが分かれそう。個人的には後からかけたい。
麺は加水高そうな細麺。茹で加減はやや固めだで少しネチットした感じが惜しい。量は150gくらいだろうか。
具はボリューム満点の野菜炒め。モヤシがメインで白菜、玉ねぎ、人参、ニラ、きくらげ、ネギなど。ブタン肉も沢山入っていてCPが高い。
多めの野菜炒めで満腹で完食。ご馳走様でした。
この辺りでは貴重なラーメン屋なので末長く続けて頂きたい。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「食の館ラーメン」@食の館 種市支店の写真2019年4月下旬 食の館ラーメン 1280円
種市での業務終了後、同僚がランチにこちらへ連れてきてくれた。期せずして再訪となったが狭い町なのでやむを得ない。
前回はめかぶラーメンを食べたので今回は豪華に魚介が乗る標題を注文。直ぐに丼が配膳される。
スープは透明な清湯の塩。出汁は推測の域を出ないが鰹節でアニマルオフだろうか。優しい味わいながらも旨みは確り。海藻や魚介類のエキスが複雑に混じり合いじんわりと深い旨みを形成する。塩加減も丁度良く円やか。体に沁み居る美味しいスープだ。
麺は加水高めな細麺ウエーブ。茹で加減も程よくシコシコとして旨い。
具は、蒸しウニ、蟹の爪、海老、ベビーホタテ、ムール貝、ワカメ、フノリ、マツボ。蒸しウニは量が多めで食べ応えがある。味的には比較的サッパリとしている。蟹の爪は冷凍だと思うが味が確りとして旨い。海老、ホタテ、ムール貝も新鮮で旨みが強く極旨。海藻類も鮮度が良い。マツボは先月も食べたが、三陸だけでしか取れない希少海藻。シコシコとした食感が良い。
一気に完食、スープもほぼ完飲。新鮮で旨みが強い魚介類とそのエキスが加わった美味しいスープに大いに満足。今まで食べた中でも上位に入る磯ラーメンだった。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 2件

「津軽煮干中華蕎麦」@津軽煮干中華蕎麦 サムライブギーの写真2019年4月下旬 津軽煮干中華そば 600円
久々の久慈泊まりで飲み〆に此方を訪問。20時の閉店間際だというのに10名ほどの各入りで結構流行っている。
今回は券売機左上の標題を注文。麺が中太と細麺から選べると言うので細麺を選択。5分程で丼が登場。スープが濃かったら割スープを出しますとのアナウンスがある。
スープは平子、片口、焼き煮干しなどを使った煮干し清湯醤油。カエシは強めで少しショッパめだが割りスープで割るほどでも無い。煮干しは軽い酸味が有るが苦味は抑えてあり軽めなビター感。やや暗めな感じなので華やかさやキレが出てくれば好みに嵌りそうだ。
麺は細麺ストレート。パツンとした食感でスープとの馴染みがもう一歩に感じる。量は170gだそうだ。
具はチャーシュー、メンマ、お麩、みつば、ネギ。チャシューは2枚。1枚は低温調理タイプの塩味で旨い。もう1枚はももの煮豚で少々固め。お麩はスープを吸い旨い。
ゆっくりと完食。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】クリーミー雲丹そば」@麺屋十郎兵衛 盛岡南店の写真2019年4月上旬 【4月限定】 クリーミー雲丹そば 880円
平日18時頃、目的の店にフラれ此方を訪問。本店は秋田大曲の人気店。本店では濃厚な鶏豚が売りのようだが此方は煮干を看板に掲げている。
店内は細長くストレートのカウンター13席。中年男性が1人で切り盛りしている。先客、後客は無し。
メニューは煮干の濃厚、普通あっさりと鶏豚骨の濃厚系。何故か喜多方ラーメンもある。
煮干気分でも無かったので、4月限定の標題の食券を購入。すぐに丼が配膳される。
スープは鶏豚骨の白湯。クリーミーで塩気も程よく、サラリとスッキリして旨味もまずまず。ここにトッピングの雲丹(おそらく瓶詰め)のエキスがコクを加え、バラ海苔の潮の風味が追い討ちをかける。これらと白湯が意外によく合い驚いた。白湯と魚介トピのバランスが良く計算された旨いスープだ。
麺は自家製の細麺ウエーブ。プリプリとして旨い。量は140gくらいか。
具は鶏チャーシュー、雲丹、刻み玉ネギ、バラ海苔。鶏チャーは確りとした噛み応え。味はまずまず。ウニは瓶詰めのような風味がする。雲丹の下には刻み玉ねぎが入っている。
スープまで完飲完食。リカバーとしては十分過ぎる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「磯ラーメン」@さんずろ家の写真2019年4月上旬 磯ラーメン 810円(メニューは税別表示)
母ちゃんハウスだぁすこ 沿岸店に続いて四十八坂 磯よしを訪ねたが臨時休業。前回、磯ラーメンの冷やしかと思って食べた浜冷麺がまさかの冷麺だったのでリベンジに此方を再訪した。
磯ラーメンを口頭注文。窓からの海の素晴らしい景色を眺めながら待つと直ぐに熱々の丼が配膳される。
スープは少し茶濁した魚介清湯。母ちゃんハウスだぁすこ 沿岸店より出汁感は穏やか。鰹節がメインのようで、タレには醤油も加えているように感じられる。
麺は中細ウエーブ。柔らかめなのが惜しい。量は140g程度か。
具はフノリ、ワカメ、マツモ、ムール貝、小エビ、蟹爪、ゲソ、イカ、ベビーホタテ。ワカメ、フノリは今が旬。スープとも良く合い旨い。特筆は2時~4時方向に盛り付けられたマツモ。松の葉に似ているのでこの名が付けられた。三陸沿岸でしか採れず市場にはあまり出回らない高級海藻だ。シコシコとした食感で美味しい。ムール貝も味が濃く旨かった。
二杯目なのでゆっくり完食。ご馳走様でした。
海藻類の旨さが印象に残る一杯だった。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「磯ラーメン」@母ちゃんハウスだぁすこ 沿岸店の写真2019年4月上旬 磯ラーメン 600円
大槌町出張チャンスに、磯らーめん発祥の店 きりきり善兵衛 本店 でもらった磯ラーメンMAPに載っていた此方を訪問。
店は農協の産直館の中にある食堂。建物は新しく店内も綺麗。厨房では女性2人が調理を担当。
店内はテーブルとカウンターで20席。先客5名、後客5名。ラーメン比率が高い。
セルフ方式なので券売機で食券を買い番号札をもらう。席で待つと5分程で番号が呼ばれ丼を取りに行く。
スープは澄んだ魚介清湯塩。鰹出汁がそれと分かるほどに確りと主張。磯ラーメンとしては出汁感が強い方。今どきの都会のラーメンと比べれば優しい出汁なのだろうがこれが海藻や魚介を引き立てる磯ラーメンの特徴。
麺は中細ウエーブ。茹で加減程よく、ツルリとした麺肌でシコシコと旨い。量は少なめに感じたので130gくらいか。
具は有頭海老、イカ、ベビーホタテ、ワカメ、フノリ。海老は大ぶりで美味しが殻つきで食べにくいのが難点。イカは飾り包丁が入り旨い。ベビーホタテも良好。フノリのコリコリとした食感が面白い。
サクット完食。このお値段でこれだけ新鮮な海藻や魚介が頂けたら言う事無し。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「椿・潮騒らーめん」@美食厨房まるよしの写真2019年3月下旬 椿・潮騒らーめん700円
大船渡さんまらーめん巡り第4弾
ちいぜるに続いて此方を訪問。
店は道路に面した大きな食堂。店内はテーブル32席と座敷12席。年配の女性2名が接客、年配の男性が厨房で調理を担当。先客8人、後客1人。
標題を注文すると10分程で楕円形の丼が登場。
スープは醤油清湯。やや甘めなな返しで優しい味わい。出汁もジンワリと主張は控えめながら旨味の不足感は無い。トッピングの海藻類やサンマの竜田揚げとの相性も良好。輪切りのレモンから立ち昇る良い香りがさんまの匂いを抑え好印象。
麺は中細縮れ麺。ミチモチして旨いい。スープとの絡みも良好。
具はサンマの竜田揚げ、ワカメ、メカブ、ナルト、白髪ネギ、糸唐辛子。サンマの竜田揚は半身が2枚で一尾分。塩味は強めだがサンマの旨味を確り感じられ美味しい。ワカメは少し硬い部分。メカブがトロリとして旨い。
2杯目だったがスンナリ完食。 スープとトッピングの海藻類が良くあった完成度が高い一杯だった。
追記
「大船渡さんまらーめん」とは全国有数の水揚げを誇る大船渡のさんまを使い、各店で工夫を凝らしたオリジナルらーめん。どこの店でも「700円」で提供。提供店舗は7店舗。(大船渡市HPより)
http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1305962991331/
第1弾 黒船 https://ramendb.supleks.jp/s/6828/review?u=42840
第2弾 碁石海岸レストハウス https://ramendb.supleks.jp/review/1034892.html
第3弾 ちいぜる https://ramendb.supleks.jp/review/1222443.html

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件