なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 78.998点
最終レビュー日 2019年9月20日
2,378 1,701 1 24,820
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば(塩)」@中華そば 笹生の写真2019年9月中旬 中華そば(塩)950円
9/13日オープンの此方を訪問。古川の名店上々が店名を変えて移転した店だ。
店は3階建アパートの1階。道路から奥に入った所にあるので1度通り過ぎてしまった。平日11時半で店内満員。少し待って入店する。
店内はくたびれた感じの内装で厨房を囲むL型カウンター5席。ご主人と奥さん?2人での切り盛り。
メニューは中華そばの醤油、塩、煮干し中華そばの3種類。トッピングや替え玉も無ければ大盛りも出来ない。これから徐々に増やしていくのだろう。値段も醤油が900円、塩と煮干しが950円と強気の設定。
中華そば塩を注文すると10分ほどで丼が登場。カラカラのドライレモンが目を惹く。
スープは鶏清湯塩。丸鶏メインで魚介も少々使っているそうだ。塩加減は穏やか。鶏油も多めに浮かび旨味を供給。油が切れるとジンワリと優しい出汁感に変化し温度が下がると旨味が伸びていく。
麺はツルリとしてしなやかな中細麺。量は150gくらいだろうか。
具はチャーシュー、穂先メンマ、ドライレモン、三つ葉、海苔。チャーシューは低温調理タイプ。厚くてボリューム満点。ハムの様な味でこれは旨い。メンマはカサカサした食感で面白い。ドライレモンはジンワリと酸味が出てスープに合っている。
サクッと完食。スープも完飲。十分美味しい一杯だったが、未だ新店舗に慣れて無いせいだろうが古川で食べた時のような感動レベルとまでは行かなかった。間違いなく、これから徐々に良くなっていくだろうが。今後への期待とCPも考慮しスコアーはこのあたりで。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「鴨カレーらーめん」@麺屋 一期の写真2019年9月上旬 鴨カレーらーめん 800円
カリスマ美容師さんの社員旅行に合流して牛タン屋で一杯。中〆で此方を訪問した。
券売機を眺めると新メニューで「鴨カレーらーめん」と言うのを見つけボタンをプッシュ。辛さが選べると言うので3辛でオーダー。
ハイボールを飲みながら待つと程なくして丼が登場する、
スープはスパイシーな良い香りが漂うシャバいカレースープ。辛さは結構強めで気を抜くとむせるほど。ベースのスープは此方のお得意の魚介出汁。カレーでこんなに確りと魚介を感じられるとは斬新。全体的にはスッキリと旨いスープだ。
麺は自家製の中細ストレート。パツンとした食感でスープとも良く合い旨い。
具は鴨肉、チーズ、粉チーズ、ネギ。鴨肉は肉の旨みがギュッと詰まった逸品。前にも食べたことがあるがこれは旨い。
サクット完食スッキリ辛い一杯、ご馳走様でした。
この後は3Sさん知合いの焼き鳥屋で希少部位を堪能し、国分町に吸い込まれて行く社員旅行チームと別れて帰宅した。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 5件

「油そば」@高舘食道 水神蕎麦の写真2019年9月上旬 油そば 750円
8/14オープンの蕎麦屋だが油そばも旨いとのネット情報を見つけ訪問。
幹線道路から脇道に入り畑の中のすれ違い出来そうもない細い道を進み店に到着。店は民家を改造した店舗。庭には蕎麦が植えられ満開の白い花が綺麗だ。店内はカウンター4席とテーブル10席、座敷12席。初老の店主さんと奥さん、息子さん、男性1名の4名体制。土曜11時10分で先客3名、後客2名。
メニューを眺めると中華麺の部では油そばが先頭で汁そばも醤油、塩、味噌と一通り揃っている。女将さんが他の客にお勧めを聞かれ蕎麦か油そばですと答えていたので、迷わず油そばを注文。
7分ほどで丼と別皿の薬味、まわしがけ用の酢と辣油が登場する。
麺の上にチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトが乗る構成。薬味はニンニクと生姜の擦りおろし、バラ海苔。
丼の底にはシャバイ醤油ベースの油ダレが多めに入っている。それ程油っぽくなく旨みは良好。蕎麦屋さんらしい上品さがあるタレだ。
麺は自家製の太麺。腰が強くモチモチ。小麦の旨みも感じられてとても旨い麺だ。量は200gとのこと。
全体を良く混ぜ辣油と酢を回しがけして食べるとモチモチ麺にタレが良く絡み箸が進む。
別皿のバラ海苔を入れると磯風味が加わり美味しい。ニンニクと生姜は新鮮でおろしたてで量も多くパンチ力がある。ニンニクを一気に全部入れると上品だったタレが一気にジャンクに変身。続いて生姜も入れると更にジャンク度アップ。一気に麺を食べフィニッシュ。この味変はかなりの破壊力で気に入った。
腰が強い味変とパンチ力ある味変に大満足ご馳走様でした。機会があれば蕎麦も食べてみたい。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉醤油らぁ麺」@仙臺くろく 定禅寺 JOZENJIの写真2019年9月12日 味玉醤油らぁ麺 900円
本日オープンの此方を訪問。仙台駅東口にある有名店らーめん くろく の2号店麺 密くろが店名を変えての移転という位置づけのようだ。
場所は定禅寺通りに面したビルの1階。ワンタンメンの満月 仙台定禅寺店があった場所だ。店の前には沢山の花が飾られている。
店内は厨房前のコの字カウンター11席とテーブル4席。見覚えがある丸顔の店主さんが調理を担当。助手が2名の3名体制。店内はほぼ満員の盛況。
券売機でビールとお勧めとある味玉醤油らぁ麺の食券を購入。
ビールを飲み終わって少し待つと丼が配膳される。
スープは鶏と煮干しの醤油清湯。トリュフオイルが多めにかかりとても良い香りが漂う。出汁は鶏が先行し旨み十分。ジワジワと煮干しが追い上げる。カエシは程よい濃さで出汁を邪魔せず確りと全体をまとめている。とても安定感がある旨いスープだ。
麺は自家製の中細麺。密度が高めな感じでミシッとしている。麺 密くろの時よりも細くなったようで、こちらの方が好みだ。量は160gとのこと。
具はチャーシュー、味玉、メンマ、白ネギ、バラ海苔、ネギ。チャーシューは鶏と豚。どちらも肉の旨みを確り感じられ旨い。味玉は黄身が流れそうになる一歩手前の半熟加減。味も良く旨い。白ネギは少し白髪ネギの倍くらいの厚さで切られていて麺とスープに良く合う。バラ海苔はスープに溶くと磯感が出て良い味変になった。
サクット完食。スープも完飲。お値段少し高めだが、内容的には納得。ベテラン店主さんの気合が感じられる旨い一杯だった。
次回は極太中華そばと言うのを食べてみたい。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば」@仙臺餃子かんじの写真2019年9月上旬 油そば 842円
登録したまま忘れていた一番町の新店をのぞいてみるも、夜はやっていない様子。辺りをプラプラしていると聞いたことがある店名の餃子屋を発見した。そう言えば連坊に同じ「かんじ」と言うラーメン屋があり夜は「餃子屋裏かんじ」として営業していたのを思い出した。その裏かんじが独立した店のようだ。
外に貼ってあるメニューを見るとラーメンと油そばがあるので入ってみた。
店内はカウンター6席とテーブル12席。8割くらいの客入りで結構流行っている。中年の御主人と奥さん?の2名で切盛り。
まずはお勧めのニラ餃子でビールを一杯。ニラが沢山入っていて表面がカリカリで旨い。ハイボールに切り替え〆に油そばを注文。暫くして丼が登場する。
麺の上に蒸し鶏の細切り、白髪ネギ、鰹節、青のり、ニンニクチップ、一味唐辛子が乗る構成。
麺は中太麺でモチモチ。油ダレが良く絡めてあるが、この油がオイリーでベタっとしている。油の旨みは大人しめで醤油メインとタレの味で食べさせるタイプ。麺量は200g弱くらいだろうか。
卓上の餃子用の辣油と酢を一回しづつ入れて味を調整。
サクっと完食。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「イカ煮干し魚醤」@だし廊  -NIBO-の写真2019年9月上旬 イカ煮干し魚醤 890円
飲み〆に久々の訪問。19時半頃の入店で広い店内に先客3名とかなり寂しい。
券売機で標題の食券を購入。カウンタ-席で待つと程なくして丼が登場する。
スープは真イカの煮干しをメインにイカ節やイカ下足からとったイカ出汁に自家製の魚醤ダレを合わせたもの。やや強めな塩気にイカ出汁がジワジワと感じられる。イカや魚醤のクセは控えめで上品で飲みやすい旨いスープだ。
麺は自家製の中細麺。パツンパツンとした食感が心地よい。量は140gくらいか。
具はチャーシュー、黒いイカミンチ、チーズ、紫玉ねぎ、メンマ、三つ葉。チャーシューは玉ねぎの下に隠れて見えないがバラが2枚。味付け程よく旨い。黒いイカミンチ(三つ葉の葉の下)はスープに溶かすと更にイカ感アップかと思ったがそれ程でもなかった。チーズは麺と絡めて食べると意外に良く合い旨い。玉ネギは細切りで清涼感がある。
サクッと完食、ご馳走様でした。これでデフォメニューはコンプ。次回は22時以降提供の〆の煮干しを狙ってみたい。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 4件

「【夏期限定】冷たい金中華」@伊藤商店 フレスポ富沢店の写真2019年9月上旬 【夏期限定】冷たい金中華 800円
8/26オープンの伊藤商店の新店舗を訪問。店はフレスポ富沢と言う新しいショッピングモールの一角。
土曜日昼時に到着すると店内満員。ウエイティングリストを見ると30人ほどの先待ちと大盛況だ。店内は広く出べそカウンター19席とテーブル10席。男性店員2名が調理を担当、女性4名が接客等をこなしている。40分ほどでカウンター席に着席。標題の食券を渡すと10分ほどで丼が配膳される。
スープはヒンヤリと冷えた醤油清湯。煮干の香りがフワリときて動物系の旨みも良好。食べ進につれジワジワと旨みが湧きあがる旨いスープだ。
麺は中細縮れ麺。ヒンヤリと冷えていて冷やしにしては少し柔らかめな印象。淡泊な麺味でスープとの絡みも少し弱いように感じられた。
具はチャーシュー、味玉、メンマ、海苔、ナルト、ネギ。チャーシューは脂身が多いバラ2枚。冷やしだと脂が固まってしまうのがマイナスポイント。味玉は半熟加減、味付け良好。海苔が良く合い旨い。
サクット完食ご馳走様でした。
細かいところで気になる点は幾つかあったが徐々にブラッシュアップされて行くことだろう。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「長浜黒らーめん」@長浜らーめん いっせんかくの写真2019年8月下旬 長浜黒らーめん780円
会社帰りに同僚からお誘いがあり此方へ訪問。まずは“せんべろ”(千円でドリンク3杯とツマミ1品)を注文。つまみは角切りチャーシュー。博多らーめんと長浜らーめんはどう違うのかなどを議論しながら、生ビールを2杯飲んでラストはハイボール。ドリンクが3杯もついて呑助には嬉しいセットだ。
〆に長浜黒らーめんを注文。程なくして丼が登場する。
白濁した豚骨スープの上に黒いマー油がかかる。豚骨スープは臭みが無く円やかで旨みも良くでている。マー油はニンニクの風味や香ばしさは控えめでマイルド。もう少しパンチも欲しい。全体的には癖が無く誰でも食べやすい旨いスープに仕上がっている。
麺は低加水ストレート。バリカタで注文した通り固めの茹で加減。量は120gくらいか。
具はチャーシュー、キクラゲ、バラノリ、ネギ。チャーシューは大判で旨みもまずまず。バラノリの風味がスープに合う。
卓上の醤油漬けニンニク1片をクラッシャーで潰し投入すると、一気にニンニクパンチがアップ。コレダヨコレと言った感じで一気に完食。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 3件

「【夏限定】冷やし醤油」@麺匠 玄龍 ララガーデン長町店の写真【夏限定】冷やし醤油 864円
飲み〆に此方を訪問。狙いは前回食べた塩から醤油に変わった夏期限定の冷やし。
口頭注文すると程なくして丼が配膳される。
スープはヒンヤリと冷えた煮干し醤油清湯。スッキリとしたカエシにマイルドな煮干しの旨みが確りと感じられる。伊吹煮干しと宮城県産醤油をブレンドして使用とのこと。
麺は中細ストレート。冷水で良くしまってシコシコして小気味よい。量は150gくらい。
具はチャーシュー、玉ねぎ醤油漬け、メンマ、海苔、ナルト、ネギ。チャーシューは鶏と豚1枚づつ。どちらも旨みは十分。玉ねぎ醤油漬けはシャキシャキ。少し味が濃いのが惜しい。メンマはシコシコで味が良い。海苔が上質で美味しい。
サクッと完食。キリッと美味しい冷たい一杯、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 12件

「油そば+味玉」@自家製麺 結びの写真2019年8月下旬 油そば200g750円+味玉100円
7月にオープンした新店を訪問。店主さんは仙台でも屈指の行列店 自家製太麺渡辺出身との事。開店早々に1度のぞいたが凄い行列で退散して訪問が遅くなった。
開店15分前に着くと先待ちは4人。開店時は12人待ち。学生が夏休みだからだろうか意外に並びは少なかった。
定刻を少しオーバーして暖簾がかかり入店。店内はL型カウンター14席。若い男性2名と女性1名の3名体制。
メニューはらーめんと油そばの2本立て。らーめんは大盛りまで750円、油そばは200g、300g、400gすべて750円。この料金設定が学生に人気なのだろう。
油そば200gと味玉の食券を購入。カウンターで待つと7分ほどで丼が配膳される。
麺は自家製の強く縮れた太麺。ごわごわで二郎系の麺のようにワシワシと食べる食感。記憶が定かではないが出身元よりも柔らかくて食べやすいように思えた。
丼底のタレは醤油ベースに煮干しが効いた油ダレ。油の旨みが強く食欲をそそる。醤油や煮干しの主張はやや控えめで中庸。食べやすいが個人的にはもう少しパンチも欲しい。
具はバラロールチャーシュー、レアチャーシュー、味玉、メンマ、ネギ。バラロール-チャーは柔らかで旨い。レアチャーは味濃確りで旨い。味玉も味濃いめ。
卓上の酢を一回し回しがけすると、タレがそれほど強くないのであまり合わなかった。できれば辣油のボトルも置いて欲しかった。
200gなのでサクット完食。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件