なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 78.998点
最終レビュー日 2019年9月20日
2,378 1,701 1 24,820
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】涼三 魚ひやし」@烈志笑魚油 麺香房 三くの写真2019年7月下旬 【限定10食】涼三 魚ひやし 1000円
無限に続いて此方を訪問。外待ち8人に接続して15分ほどで入店。
店内は厨房を囲むカウンター15席。
先レポで気になっていた標題のひやしが未だ残っていたので食券を購入。15分ほどで豪華な一杯が登場する。
具は鰹のタタキ、鱧の梅肉添え、水ナス、スナップえんどう、ベビーリーフ、パプリカ、ビーツ、ズッキーニ、アイスプラント。
鰹タタキは5キレあり食べ応え満点。底のタレにつけながら食べる。鱧も3キレ関東ではあまり食べないが淡白でサッパリとして旨い。夏野菜類は珍しい物が沢山。親切な店員さんに一つ一つ教えてもらった。これで千円とは素晴らしいCPだ。
店員さんは全部の客を外まで見送ってくれるなど、接客が素晴らしい。
丼底のタレは醤油ベースで節メインな魚介の旨味が十分。
麺は西山製麺製中細縮れ。シコシコとして甘みがありタレとも合い旨い。
ボリューム満点だったがサッパリ美味しかったのでサクッと完食。
連食だったのでビールが入る余地が無かったのが唯一残念。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@中華そば 無限の写真2019年7月下旬 中華ソバ850円
大阪遠征第3弾で此方を訪問。店は幹線道路に面した一軒家。店の前には、名古屋コーチンと青森シャモロックを使用した幻の中華そば、1日100杯限定など書かれた赤い大きな薀蓄が掲げられている。
平日11:30の入店。食券を購入し中待ち3名に接続。梅雨が明けてメチャ暑だったので中で待てるのは有難い。
店内は出べそ型のカウンター8席。厨房の様子は見えない。壁には今年ミシュランガイドに掲載されたとの貼り紙。「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」のビブグルマン店だそうだ。
入店から15分ほどして丼が登場。
スープは名古屋コーチンと青森シャモロックの丸鶏を使った清湯醤油。カエシに少し酸味があり個性的でキリリと強め。鶏の旨味も張り合うかのようにしっかり主張。5mmほどの厚めの鶏油も浮き旨さを加える。少しショッパめだが強いカエシに負けない鶏の円やかな旨味が印象的なスープだ。
麺は自家製の中細麺。プリプリとしてスープにも合い旨い。
具はチャーシュー、味玉1/2、穂先メンマ、ネギ。チャーシューは大判1枚。低温調理タイプで肉の旨味が確りとして旨い。味玉は味薄く大阪で良く見かけるタイプ。ネギがシャキシャキで妙に旨い。
サクッと完食。スープも完飲。ご馳走様でした。
少し酸味がある個性的なカエシと円やかで確りとした鶏の旨味が印象的な一杯だった。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめんmacro +味玉」@人類みな麺類の写真2019年7月下旬 らーめんmacro 800円+煮玉子50円+餃子250円+ビール
夕飯に此方を訪問。18時ごろ到着し外待ち9名に接続。15分ほど待って入店する。
店内はスケルトンのお洒落な内装。カウンターメインで22席ほど。店員は若手の男性4名と女性1名。
メニューに一番人気とある標題を口頭注文。チャーシューは厚or薄+煮玉子から選べるので厚を選択。メンマも厚or薄から選べるので厚とした。
ビールを飲みながら待つと半分も飲まない内にラーメンと餃子がほぼ同時に配膳される。
麺が伸びると勿体無いので餃ビーは後回しにして先にラーメンを食べる。
スープは魚貝系の清湯醤油。仄甘なカエシに貝がジワジワと効いた薄口で優しい味わい。今日は暑くて汗を相当かいたからだろうか、塩気が物足りなく感じた。
麺は中太麺。密度が高くムッチリとした噛みごたえ。優しいスープに対して麺が勝ち過ぎている印象。
チャーシューは何だこれはと言う分厚さでJ系の豚のよう。味はやや抜け気味で普通。
メンマは材木状で味濃いめ。シャキシャキで旨い。味玉も味確りで良好。白ネギは辛味が無くシャキシャキと良いアクセント。
ゆっくり完食ご馳走様でした。スープが好みから外れたがポテンシャルの高さは感じられる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「特製金色貝そば」@燃えよ麺助の写真2019年7月下旬 特製金色貝そば 990円+ご飯100円
大阪出張で此方を訪問。昼一から仕事なので1巡目に入りたく開店1時間前に到着。PPをゲットした。ちなみに30分前で7名待ち、開店時は25名待ち。
10分ほど早めに暖簾がかかりオープン。並んでる間に注文を聞きに来たので後会計かと思ったら、券売機があり標題の食券を購入。
店内はカウンター10席で若い男性3名と接客女性の4名体制。白を基調とした内装で年季は入っているが小綺麗で清潔感がある。
一番端の席に座ると5分も待たずに丼が登場。
スープは貝メイン魚介と鶏・鴨ガラのダブルスープ。ジーンと来る貝の味わいを円やかな醤油が優しく包み込み此れは旨い。動物系の旨味も確りと全体を支え揚げネギが良い風味を加える。何と完成度が高く円やかで旨いスープだろうか。先レポによると貝はシジミメインだそうだ。
麺は中細ストレート。プリプリとしてスープとも良く絡み相性も良い。量は150g位か。
具はチャーシュー、味玉、メンマ、三つ葉、白髪ねぎ、柚子、揚げネギ。チャーシューは大判の低温調理タイプが3枚。肉の旨味がしっかりと感じられとても旨い。味玉は味が薄く一瞬アレとおもったが、玉子自体の旨味が素晴らしく旨い。此れは新鮮な感覚だ。メンマも味薄めだが上品で極上。
ご飯は杉本さん家のこだわりご飯。意味不明だが兎に角拘ってるだけあり旨い。残りスープをかけ絶品の茶漬けを楽しむ。
大満足でKKフィニッシュ。ご馳走さま、美味しかったですと告げて店を出た。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「特製つけ麺」@煮干しらーめん 二代目 玉五郎 黒門店の写真8/26(木)大阪に来たついでにRDBで店を探し20:00入店。店内ほぼ満席。特製つけ麺930円を注文。つけだれは、にぼしが良く効いた、さらりとした醤油ベース、油も入っている。酸味はなく、大勝軒系とは異なる。良くある味だが、悪くはない。麺は太麺、やや甘みを感じる。チャーシューはパサパサしてコンビーフのような食感で面白い。味的には関東方面のつけ麺とあまり変わりは無かった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件