なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 79.023点
最終レビュー日 2019年10月21日
2,400 1,715 1 25,204
レビュー 店舗 スキ いいね
83

「中華そば」@中華そば 竹千代の写真2019年10月上旬 中華そば 800円
久々の都内での空き時間に此方を訪問。店は尾久駅のすぐ近くのビルの1階。店内は狭くカウンター7席。初老の店主さんと若い助手の2名体制。平日遅めの時間のせいか先客3名、後客なし。
券売機で中華そばの食券を購入。10/1の消費税増税のタイミングで100円値上げしたそうだ。
調理は若い助手がほとんど行い5分ほどで丼が登場。
スープは清湯醤油。カエシはほんわりと優しいタイプ。チャーシューを作った時の煮汁を使っているようだ。個人的にはキレもあると更に好み。カエシはやや濃いめだが動物系の旨みも良く出てコクが深く旨いスープだ。壁に貼られた薀蓄によると、利尻昆布や干し椎茸も使っているそうだ。
麺は小林製麺製の細麺。加水低めな感じでパツンとくる歯切れの良い食感が心地よい。
具はチャーシュー、メンマ、ネギ。チャーシューはバラ3枚。薄いが味は良い。日本SPS協会認定のほそやのまる豚を使用。
サクット完食。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】秋の汁なし坦々麺」@鶏ポタラーメン THANK 大門店の写真2019年10月上旬 【限定】秋の汁なし坦々麺980円+ビール
休日ランチに近場の此方を訪問。
ツイッターでチエックしていた限定の汁なし坦々麺の食券を購入。辛さは普通で注文。
カウンター席でビールをチビチビ飲みながら待つと12分ほどで平たい皿の一杯が登場。
麺の上にローストトマト、揚げびたしナス、肉みそ、カシューナッツ、ネギが乗る構成。右側の黒いのは丼の模様では無く、味変用の味噌ダレだそうだ。
トマトとナスをよけて全体を良く混ぜて食べると、ゴマの旨味は良好で辣油の辛さと山椒の痺れが程良く効いて食欲をそそる。個人的にはもっと辛い方が良かったので辛めを指定すれば良かった。
麺は菅野製麺製の太麺。茹で加減柔らかめでムニャリトしているのが惜しい。
具はローストトマトが温かくて酸っぱくて新鮮な感覚。ナスはトロトロしていてナスらしい味もあまり感ぜず好みから外れる。肉みそは辛めの味付けで美味しい。ナッツはもっと細かく刻んでもらった方が食感が楽しめるように思えた。
終盤にみそダレを絡めてみたが、コクがそれ程加わるわけでもなくショッパクなるので無い方が良いかも。
ゆっくりとビールを飲みながら完食。ご馳走様でした。
ベースの味は美味しいのだが全体的な完成度はこれからといった感じだった。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 3件
72

「ラーメン」@福楽園の写真2019年10月上旬 ラーメン650円
浜松町の焼鳥屋で飲んだ帰り此方が空いていたので吸い込まれた。
店は第1京浜の裏通りに面した一軒屋。店内はゆったりとしたテーブル29席。先客2名は大分前から飲んでいたようで良い調子だ。厨房には中年男性2名。接客は奥さんとお祖母さんの2名。
ラーメンを注文すると5分も待たづに丼が登場する。
スープは醤油清湯。カエシ、出汁ともに控えめでで薄味。酔って鈍った舌には少々物足りなく感じた。
麺は加水高めな中細縮れ麺。良く見かける汎用的な中華麺と言った感じ。茹で加減は柔らかめ。
具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ。チャーシューは若干の獣臭。メンマはコリコリで良好。
サクッと完食。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件
80

「らぁ麺(並)」@麺屋 庄太 赤坂店の写真2019年9月中旬 らぁ麺(並)800円
休日の遅めのランチにSALT AIRへ行ってみるも休み。これで2度フラレた。ちとせも行列が凄いのであきらめて此方を訪問。6月オープンしたTRY豚骨部門入賞常連店の庄太の3号店。この系列は始めてだ。
店内はカウンター16席。各年のTRY入賞のポスターが壁一面に貼られている。厨房には捻じり鉢巻きの店長さんとニイハオのお姉さん2名体制。先客は8名、後客5名と中途半端な時間にしてはまずまずの客入り。
券売機左上のらぁ麺(並)の食券を購入。7分ほどで丼が登場する。
スープは濃厚な豚骨醤油。醤油が強めだが豚骨の旨味が円やかに良く出ていて美味しい。直系の家系スープにも似た感じ。券売機に家系らぁ麺のボタンもあったので違いが気になる。
POPによると熱伝導率が高く、対流がいい羽釜を使うことにより寸胴ではたどり着けない豚の旨味を引き出しているそうだ。
麺は大橋製麺多摩の家系用のもので短めで啜りやすい。密度は高めでミシッとくる食感は少々苦手。
具はチャーシュー、穂先メンマ、海苔、ネギ。チャーシューはハーフレアな感じで味も確りして旨旨。穂先メンマはシナシコで美味しいが濃厚豚骨には無くてもいいかな。
卓上グッズはおろしニンニク、ニンニクチップ、練り唐辛子、酢、白ゴマ他。スープが力強く味変しないで終わりそうになったので、あわててニンニクチップを投入。一気に完食ご馳走さまでした。
次回、家系らぁ麺を狙ってみたい。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「ランチセット(醤油)」@光麟堂の写真2019年9月中旬 ランチセット(醤油) 1000円
2年ぶりに近場の此方でランチ。当時は塩1本だったが醤油も始めたようで狙いはそれ。
相変わらずの狭い店内にストレートのカウンター8席。厨房の息子さんとお母さんの2人で切盛り。店内はほぼ満席で丁度1席だけ空いていた席に座る。
券売機で標題の食券を購入。5分も待たづに丼が登場する。
スープは鶏魚介の醤油清湯で鶏油が浮かぶ。節系の魚介が前に出て鶏の旨味も確り。カエシはほんわりとして優しく全体を包み込む。蘊蓄によると大山地鶏の丸鶏、鰹節、サバ節、メジカ節、真昆布、白口煮干しを使用とのこと。
麺は三河屋製の全粒粉入り細麺ウエーブ。スープと良く合い、固めの茹で加減でシコシコした食感が心地よい。量は140g。
具は鶏チャーシュー、豚チャーシュー、穂先メンマ、カイワレ、ネギ。鶏チャーシューはしっとりと良好。豚チャーシューは厚みがあり旨い。穂先メンマはシャキっとして面白い。
セットのご飯は角切りチャーシューが入った炊き込みご飯。味は確りめ。後からスープをかけて楽しむには白飯の方が良かったかな。ちなみに白飯の販売は無い。
サクッと完食。ご馳走様でした。
此方も9/16で5周年。確りと地元に定着したようだ。帰りがけにお母さんに5周年おめでとうございますと声をかけると、とても嬉しそうに有難うございますと返してくれた。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 4件

「チキンラクサ」@アジアンキュイジーヌ ヘイマーケットの写真2019年8月下旬 チキンラクサ920円
カミサンが注文したチキンラクサをシエアして食べたら凄く美味しかったので簡単にレポする。
ラクサとはマレーシア、シンガポールの屋台でポピュラーなココナッツ風味のカレー麺だそうだ。
スープはカレースパイス、唐辛子、各種香辛料&ハーブをミックスしたカレーにココナッツミルクを加えて仕上げているとの事。一口すするとココナッツミルクの爽やかな甘さが広がり少しおいて辛さがジーンと口の中に広がる。カレーの味わいはそれほど強くなくグリーンカレー的な味のイメージ。好みは分かれそうな味だが個人的にはかなり嵌りカミサンも高評価だった。
麺は縮れ気味の中細麺。確りとした麺でスープとも良く合う。
具は鶏肉、モヤシ、水菜。鶏肉は5~6個で癖なく旨味十分。モヤシ、水菜はシャキシャキとして良いアクセント。
卓上の食べるラー油はあまり油っぽくなく干しエビが沢山入っていて旨い。スープに投入すると味が深まりとても旨くなった。小さな瓶が500円で売っていたので買って帰った。
食後はコーヒーのサービスがありベトナム式コーヒーを出してくれた。これも香りが一風変わっているが新鮮で美味しかった。
エスニックヘタレを自負しているが、これは癖なく美味しく頂けた。此方の店はヘタレ向きに味を調整してくれているのかな。次はフォーかトムヤムを試してみよう。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「五目そば」@アジアンキュイジーヌ ヘイマーケットの写真2019年8月下旬 五目そば920円
休日のランチにカミサンのリクエストで此方を訪問。新橋で20年以上営業を続ける老舗のエスニック料理店だ。店名のヘイマーケットは中国料理と東南アジア料理が混在するシドニーの中華街の地域名。店主はそこで修行を積んだそうだ。
店内は年季が入っているが小奇麗。客席はテーブル28席で中年男性が厨房、接客も中年男性。先客2名、後客2名と空いている。
メニューを眺めると、ラクサ、フォー、トムヤムと言った文字が並ぶが、エスニックヘタレなので中華っぽい五目そばと生ビールを注文。生ビールを飲み干し少し待つと丼が配膳された。
スープは醤油清湯。動物系メインの旨味がとても良く出てカエシも出しゃばらずに良いバランス。中華系やエスニック系のくせは無く深い旨味が感じられるとても美味しいスープだ。
麺は縮れ気味の中細麺。初めはシコシコ。中盤以降はモッチリ感も出て来て、噛みしめると小麦の旨さが感じられる美味しい麺だ。
具は少しトロミがついた五目の餡かけ。キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、小松菜、キクラゲ、イカ、小エビ、豚肉が入る。五目餡にピーマンは珍しいが良く合う。イカ、小エビは1個づつ。豚肉は多めに入っていてボリューム満点。
少し値ははるが、期待以上に美味しい一杯に大満足。夜はエスニック酒場になるので機会があれば寄ってみたい。
カミサンが注文したチキンラクサもシエアして食べたがなかなか美味しかったので続いてレポする。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「麻婆麺」@麺屋 愛心 TOKYO 町屋店の写真2019年8月中旬 麻婆麺 1000円
盆休み中の遅めのランチで此方を訪問。店内は狭くストレートのカウンター10席。冷房機は動いているが効きが悪く蒸し暑い。客は全員入口側の席に座っている。店奥の席はガス台が正面にあるので座らせないようにしているようだ。
美系の女性店主さんと接客の中年男性の2名体制。
入口券売機で麻婆麺の食券を購入。汁なしも選べるので汁なしにしてもらう。ライスサービスなのでライスも注文。13分ほどで丼が登場する。
麻婆は上部はかなりトロトロ。程良い辛さ痺れに甘みも加わり食欲をそそる。個人的にはもっと辛痺れのパンチがあってもいいかな。豆腐や挽き肉は多めで嬉しい。
下部の方はサラリとしたスープ状で旨味十分。此方のデフォの鶏と煮干しのスープのようだ。このスープの量が多いと汁ありになるのだろう。
麺は三河屋製麺の太麺。モチモチとして良好。麻婆餡の絡みはもう一歩に感じられるのでもう少し細い麺の方が良いかもしれない。
卓上の山椒を多めにふりかけ、ダラダラと汗を流しながら食べ進む。麻婆には珍しい白髪ねぎや大葉が良いアクセントになっている。
麺を食べ終わった所でご飯を投入。こちらの方が麺よりも数段美味しく感じられる。
最後は穴あきレンゲで豆腐や挽肉をさらってフィニッシュ。ご馳走様でした。
ちなみにカミサンが食べた煮干し中華そばは鶏の旨味に煮干しが確りと効いてかなり美味しい。これとミニ麻婆丼のセットなんていうのも是非やって欲しい。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件
78

「きたかた冷麺」@きたかた食堂の写真2019年8月中旬 きたかた冷麺 780円
盆休中のランチに近場の此方を訪問。炎天下の中、1軒フラレて14時頃訪問。盆休みでも営業していてくれて助かった。
他の店がほとんど閉まっているためか店内ほぼ満員。トロたくちらしも食べたかったがご飯ものは終わってしまったようで×マーク。標題の冷やしの食券を購入した。
カウンター席で待つと5分ほどで丼が登場。
スープはヒンヤリと冷えた醤油清湯。カエシが強めで少々ショッパめ。まったりとした醤油感が先行する。出汁は動物系に煮干しも使っているのだろうか不足感は無くカエシの力強さと呼応。柚子七味がかけられていて良い風味を加える。
麺は喜多方らしい多加水の平打ち縮れ麺。氷水で締められてヒエヒエ。プリプリとして美味しい。
具は鶏チャーシュー、メンマ、ネギ、糸唐辛子。鶏チャーシューは旨味良好。メンマはシコシコ。
サクッと完食、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】冷製たっぷり薬味とスゴニボらーめん」@中華ソバ ビリケンの写真2019年8月中旬 【限定】冷製たっぷり薬味とスゴニボらーめん 900円
盆休み中のランチに此方を訪問。近くの路上パーキングに車を止め店に向かう。途中にあった中国手打拉麺 馬賊 浅草本店は外待ちが出来ており心配したが、此方は空いていて直ぐに入店出来た。
店内はカウンター11席。厨房に中年の店主?さんと若い男性助手、接客女性の3名体制。先客は5名。後客3名。
入口券売機でTwiteerでチエックしていた標題の食券を購入。7分ほどで丼が登場する。
スープは濃いニボグレーでヒエヒエ。苦みエグミは抑えてありニガエグ苦手な自分でも旨いと思える範囲。塩分はやや高めだが汗をかいた後には程良い。表面に浮かぶ2~3mmの油が浮かび旨味を加える。
全体的にはスッキリとしながらも煮干しの強いインパクトが食欲をそそる旨いスープだ。店長さんに伺うと出汁はアニマルオフで煮干しと昆布だけだそうだ。
麺は自家製の細麺ストレート。氷水で締められてヒエヒエ。腰が強い麺でプリプリとして美味しい。
具は鴨チャーシュー、薬味(白髪ねぎ、ミョウガ、大葉)、ホウレン草、すだち。
鴨チャーシューは2枚。濃いめの醤油味で肉の旨味も感じられ美味しい。少し固めだったのが惜しい。薬味は量多め。麺と絡めて食べるとサッパリとして旨い。ほうれん草は清涼感をプラス。スダチの効果は濃厚ニボだと低いように感じられた。
麺と具をサクッと完食。スープも美味しかったので完飲してフィニッシュ。猛暑には持ってこいのスッキリした濃厚冷やしニボ。これはありそうで無かった一杯ではなかろうか。
美味しかったご馳走様です、と告げて店を出た。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件