なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kamepi-

男性

一期一麺「この一杯は絶対無二の一杯なり」

平均点 78.995点
最終レビュー日 2019年9月15日
2,374 1,699 1 24,758
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン+チャーシューハーフ」@すみれ食堂の写真2019年8月中旬 ラーメン570円+ハーフチャーシュー 100円
山陰遠征で先ずは鳥取県食べログラーメン部門1位の此方を訪問。本当はホット・エア・コーポレーション狙いだったのだが、Twitterで臨休と知り急遽変更した。
店はかなり年季が入った渋い造り。後で創業年を聞いたところ、はっきり分からないが昭和20年代だとのこと。向かいの公民館の駐車場に駐車出来るとの事で、車を止めて入店。
店内は年季が入った昭和な雰囲気。客席は厨房に面したカウンター5席とテーブル26席。中年の店主さんと奥さん、娘さんと言った感じの3名体制。11時半頃の入店で7割くらいの客入りだったが退店時は外待ちが出来る盛況ぶり。カウンターでおでんで一杯やっている客もいて羨ましい。
メニューはラーメンとチャーシューメン、おでん、おにぎり、ライス、ビール、酒。チャーシューメンでも770円と安い。
ラーメンにチャーシューは入らないのかと聞くと、煮豚が入るのでチャーシューは入らないと言うのでラーメンとハーフチャーシューをトッピングで注文。オニギリ1個110円も追加した。
おでんはカウンター横のおでん鍋からセルフで取ってきて個数(1個110円)を自己申告するシステム。木の蓋を開けると旨そうなおでんがズラリと並び(店内写真にアップ)牛すじ、大根、コンニャク、玉子、さつま揚げと取りすぎてしまった。
おでんをカミさんとシエアして食べながら待つとラーメンが登場。
スープは牛骨の醤油。牛の旨味がよく出ていてカエシモ良いバランスで旨い。牛らしい甘みがあるがシッコさや甘ったるさは無くスッキリとして旨いスープだ。
麺は白っぽい中細麺。加水低めな感じで出てきた時はジャストな茹で加減。スープを適度に吸い美味しい。中盤以降は伸びてくるのが難点。
具は煮豚、焼豚、メンマ、モヤシ、ネギ。煮豚は少し甘塩っぱい味付けで良好。焼豚も薄いが肉の味を確り感じられ旨い。メンマは少し発酵臭あり。モヤシ、ネギはよく合う。
オニギリも通常の倍くらいの大きさでボリューム満点。おでんと一緒にカミさんとシエアして食べたが満腹でフィニッシュ。
近くにあれば通いたくなるような高CPで旨い一杯、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件